東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

消化器外科・小児外科

スタッフ紹介

教授

勝又 健次(かつまた けんじ)

1984年久留米大学医学部卒業。同年東京医科大学外科学3講座入局。1989年国立がんセンター中央病院にて大腸癌研修。1991年論文:直腸癌に対する自律神経温存術後の排尿機能の検討で学位授与。1991年東京医科大学八王子医療センターに助教として勤務、1995年同講師。2004年東京医科大学病院講師、2010年帝京大学医学部附属溝口病院に准教授として勤務し、2012年8月より東京医科大学病院に准教授として勤務。

専門領域

大腸癌手術・癌化学療法・腹腔鏡手術。特に直腸癌に対する肛門温存・排尿・性機能温存などの機能温存手術

認定資格

日本臨床外科学会評議員
日本外科学会指導医
日本大腸肛門病学会指導医・評議員
日本消化器外科学会指導医
日本がん治療認定医機構認定医
日本乳癌学会認定医
ロボット手術(ダヴィンチ)トレーニングコース修了
Fellowship of American college of surgeons

学会役職等

骨盤外科機能温存研究会 世話人

メッセージ

大腸癌の腹腔鏡手術・daVinci手術などの低侵襲手術から肝転移を中心とした再発大腸癌手術まで行っています。直腸癌に対しては肛門温存・排尿機能温存などを考慮した手術を専門的に行っています。

外来担当
火曜日(午前・診 察 室)、
金曜日(午前・診 察 室)

スタッフ一覧へ戻る

Page Top