東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

医療従事者の負担軽減及び処遇改善について

印刷する

当院では医療従事者の負担軽減及び処遇改善のため、下記の項目について取り組みを行っております。

サポートチーム(業務分担)の充実

  • 栄養サポートチーム(NST)

  • 褥瘡対策チーム

  • 緩和ケアチーム

  • 呼吸サポートチーム(RST)

  • 排尿ケアチーム

  • 抗菌薬適正使用支援チーム

  • 認知症ケアサポートチーム

  • リエゾンチーム

  • 血液培養採取チーム

  • 臨床倫理コンサルテーションチーム

  • 感染制御チーム

看護師、コメディカル等の役割拡大

  • 入院前面談の拡大と充実

  • 時間外外来のトリアージナース配置

  • 看護師による静脈注射の実施

  • 看護師専門外来の充実

  • 看護師による高齢者摂食嚥下機能スクリーニングシステム構築

  • 薬剤師による持参薬の確認と管理

  • 薬剤の投与量の調整

  • 病棟配置薬の管理

  • 臨床検査技師による病棟採血

  • クリニカルパスの促進

  • 看護補助者・病棟クラークの活用

医師事務作業補助者

  • 医療クラークの導入

地域の医療機関との連携

  • ダイレクトコールの設置

  • 入退院支援システム運用による入院時からの退院支援の強化

交代制の導入

  • 交代制勤務・オンコール体制の導入

処遇改善

  • 短時間正規雇用医師の活用(育児・介護のための勤務時間短縮)

  • 院内保育園及び院外託児所の活用

  • 産前産後休暇・育児休業体制の支援

以上

Page Top