東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

認知症疾患医療センター

印刷する

挨拶

東京都認知症疾患医療センター指定通知書

現在、我が国における認知症の人は約462万人と推定され、団塊の世代が75歳以上となる2025年には700万人に達するであろうと推測されております。これは実に、65歳以上の老年者の5人のうち1人が認知症ということになります。さらにその前段階(軽度認知障害)の人もほぼ同数と考えられており、今後急速な高齢化の進展に伴い、認知症高齢者が急増していくものと思われます。

このような状況から、2015年1月厚労省より、「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」が発表されました。ここでは、認知症の人の意志が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指すと明記されております。医療機関においては、認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護サービス等の提供が求められます。東京医科大学病院では、すでに1999年から高齢診療科(旧老年病科)が中心となり、もの忘れ外来を設置し、病診連携を通して認知症の早期診断と早期対応のための体制を整備してまいりました。

2015年9月より、当院に認知症疾患医療センターが設置されました。今後は、医療機関(診療所やかかりつけ医、認知症サポート医、一般病院、精神病院)、地域包括支援センター、保健所などとの連携を緊密にし、地域における認知症診療の医療支援体制の構築に寄与して参りたいと考えております。

認知症疾患医療センター スタッフ

認知症疾患医療センター スタッフ

診療の流れ

当センターでは月曜日から金曜日まで主に高齢診療科外来で認知症の人の診療を行っています。

実際の診療の流れを下の図で示します。

診療の流れ

高齢診療科外来

●初診時   - 問診、心理テスト、一般診察、血液検査、頭部CTなど
画像検査、詳細な神経心理検査(予約)

●2,3週後 - 診察、検査成績の説明、診断と治療方針の決定
⇒ かかりつけ医(または主治医)へ逆紹介

●数か月~1年後 - 再診察

※かかりつけ医で診療中に、認知症専門医の診療が必要な場合には、随時紹介受診することができます。

受診の際には、かかりつけ医(主治医)の紹介状があると、効率よく診療を受けられます。

活動の状況

認知症の早期診断と鑑別、早期対応

当センターでは認知症専門医(高齢診療科、神経内科、メンタルヘルス科医師)が問診、神経心理検査、血液検査、画像検査、時に脳脊髄液検査などを施行し、認知症の早期診断と鑑別を行います。診断を元に治療方針をご本人、ご家族とともに決定します。その後の診療は、主にかかりつけ医や近隣の認知症診療に対応可能な医療機関(認知症専門医、認知症サポート医など)に引き継ぎます。また、認知症の症状に変化があれば、かかりつけ医や地域の医療機関と連携しながら対応します。

身体合併症・周辺症状への対応

認知症の人の身体合併症については、治療すべき急性疾患について対応します。慢性期の疾患や周辺症状については、地域の医療機関(総合病院、精神科病院)と連携して治療を受けられる体制作りに努めています。

認知症新規治療薬治験患者さんの募集

アルツハイマー病をはじめとした認知症に対する複数の新規治療薬の治験を行なっております。
治験参加には、病気の種類、認知症の程度などの条件があります。
ご関心のある方は、お気軽に外来主治医にお尋ねください。

介護者教室

高齢診療科医師、看護師、ソーシャルワーカーの共同で当センターを通院中の認知症の人の介護者の方々を対象に、認知症の理解、周辺症状への対応、ケアの実践などを中心に指導をいたします。介護者教室は、毎月1回の開催で、予約を要します。

認知症カフェ「認(みとめ)茶屋」

当院では、認知症疾患センターとして、東京医大病院で認知症の診断を受けた患者さん、介護者の方々を対象に認知症カフェ『認茶屋』をはじめました。
※現時点では、東京医科大学病院 高齢診療科で認知症の診断・加療を受けている方のみの参加とさせていただきます。

研修会の開催

地域の医療従事者等の皆様の認知症対応力の向上を図るため、新宿区、杉並区、中野区医師会の協力を得て、2003年から年1回在宅認知症患者対策ケアネットワークを開催しています。

その他、新宿区医師会、新宿保健所との共催にて、地域住民や介護者等の皆様に、認知症の理解促進に向けた啓蒙、啓発活動を行っています。

認知症医療連携、介護連携協議会を随時開催し、地域医療機関や関係団体のご参加いただき、認知症支援のための地域連携の強化を行っています。

受診希望の患者さん・ご家族の皆さまへ

当センターを受診希望の方は、かかりつけの医療機関(または主治医)から、当院 高齢診療科宛の紹介状をいただいてください。ご予約につきましては、かかりつけ医にご相談いただきますようお願い申し上げます。

医療機関の皆さまへ

認知症が疑われる患者さんがいらっしゃいましたら、当院 総合相談・支援センターへご相談いただきますようお願い申し上げます。ご予約につきましても総合相談・支援センター医療連携担当までご相談ください。

診療情報提供書ダウンロード

お問い合わせ

「地域連携のコーディネーター」として、専門医療機関との調整、地域包括支援センターとの連絡調整、退院時の調整等を行います。

東京医科大学病院 総合相談・支援センター

担当者: 大竹口 幸子 (PSW)
馬場 まどか(保健師)
住所: 〒160-0023 
東京都新宿区西新宿6-7-1
東京医科大学病院内
電話: 03-3342-6111(代表) 
(専用IP電話)62920
FAX: 03-3342-4516
受付時間: 平日10:00~12:00 13:00~16:00

Page Top