東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

渡航者医療センター

海外感染症流行情報

海外感染症流行情報(2020年6月号)

東京医科大学病院 渡航者医療センター

全世界: 新型コロナウイルスの流行状況

新型コロナウイルスの流行は6月24日までに感染者数が910万人、死亡者数が47万人にのぼっています(米国ジョンホプキンス大学 2020-6-25)。感染者数は1か月前に比べて2倍近くに増えており、WHOの事務局長は6月19日に、パンデミックが危険な段階に入ったとのコメントを発しました(WHO Director General speech 2020-6-19)。
アジアではインドで感染者数が増加しており、最近では一日1万人以上の発生数になっています。パキスタンやバングラデッシュでも増加しています。米国では6月になり、南部の州で流行の再燃がみられており、全土で一日約2万人の感染者が発生しています。中南米では6月になり感染者数が急増傾向にあります。ブラジルでは1日2万~3万人の感染者が発生しており、死亡者数も毎日1000人前後にのぼっています。アフリカでは南アフリカで感染者数が著明に増加しており、それ以外の国々でも増加がみられます。
日本の外務省は海外感染症危険情報を6月5日に発出し、17か国をレベル3(渡航中止勧告)に引き上げました(外務省安全センターホームページ 2020-6-5)。この結果、渡航中止勧告が発出されている国は130か国近くにのぼっています。その、一方で、日本政府は感染状況が落ち着いている国との間で、渡航制限を解除する方針を示しています(第38回新型コロナ対策本部会議 2020-6-28)。

アジア: 東南アジアでのデング熱流行状況

東南アジア各地でデング熱の流行が報告されています。今年はシンガポールでの患者数が多く、6月下旬までに12000人と、昨年同期の2倍近くにのぼっています(Outbreak News Today 2020-6-23)。シンガポールでは昨年まで2型のデングウイルスが流行していましたが、今年は3型が増えている模様です。マレーシア、フィリピンでは5万人、ベトナムでは3万人のデング熱患者が確認されており、例年並みか例年より少ない数になっています(WHO西太平洋 2020-5-21)。なお、マレーシア北部のペラ州では、デング熱と同様に蚊に媒介されるチクングニア熱の患者数が増加しています(Outbreak News Today 2020-5-31)。東南アジアの多くの国はこれから雨季に入るため、蚊に刺されない対策をとるようにしてください。

アフリカコンゴで新たなエボラ熱流行が発生

コンゴ民主共和国北西部にある赤道州で5月下旬からエボラ熱の流行が発生しました。6月中旬までに患者数は20人以上にのぼっています(Outbreak News Today 2020-6-15)。同国の北東部では2018年からエボラ熱が流行しており、3400人以上の患者(うち約2200人死亡)が発生しましたが、この地域では今年の4月下旬から患者の発生はみられていません(WHO Outbreak news 2020-6-18)。今回の北西部の流行は、新たな流行の発生とみられています。

ヨーロッパフランスでダニ媒介脳炎患者が増加

フランス東部のローヌ・アルプス地域圏で6月にダニ媒介脳炎の患者が37人発生しました(Fit For Travel 2020-6-17)。患者の多くはヤギの生乳を飲んで感染した模様です。ダニ媒介脳炎はマダニに媒介されるウイルス疾患で、ヨーロッパ中央部からロシアにかけて流行しています。この病気は野山でマダニに刺されて感染するだけでなく、ウイルスに感染したヤギの生乳を飲んで感染するケースがあります。流行地域でヤギの乳を飲む時には、加熱処理がされていることを確認してください。

バックナンバー

問合せ先

東京医科大学病院 渡航者医療センター
〒160‐0023 東京都新宿区西新宿6-7-1 東京医科大学病院8階
電話 : 03-5339-3726(直通)
E-mail : travel@tokyo-med.ac.jp

Page Top