東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

渡航者医療センター

海外感染症流行情報

海外感染症流行情報(2020年12月号)

東京医科大学病院 渡航者医療センター

全世界: 新型コロナウイルスの流行状況

新型コロナウイルスの累積感染者数は12月下旬までに約7800万人、死亡者数は約170万人にのぼっています(米国ジョンホプキンス大学 2020-12-23)。1か月前に比べて感染者数は約2000万人増えており、北米、ヨーロッパ、西太平洋、アフリカでの増加が顕著になっています(WHO Corona virus disease 2020-12-22)。最近の米国では、毎日20万人前後の感染者が発生し、死亡者数も毎日2000人以上にのぼっています。ヨーロッパでも一時、感染者数が減っていましたが、12月に入り再び増加傾向にあり、ドイツやイタリアでは死亡者数が増えています。西太平洋では日本、マレーシア、フィリピン、韓国で感染者の増加がみられています。
英国では11月からイングランド南東部を中心に変異株(YUI202012/01)の流行が拡大しており、感染力は従来のウイルスに比べて70%高いと報告されています(WHO outbreak news 2020-12-21)。英国以外ではデンマーク、オランダ、オーストラリアなどで変異株が少数ですが検出されており、今後、世界各地に拡大することが懸念されています。なお、新型コロナウイルスのワクチンは、米国やEUなどがファイザー社とモデルナ社のワクチンを緊急承認し、接種が開始されました。このワクチンが変異株に効果があるか否かについては、現在調査中です。

北半球: インフルエンザの流行

12月も北米、ヨーロッパ、東アジアでは、インフルエンザの流行がほとんど報告されていません(WHO Influenza 2020-12-21)。日本でも、12月上旬の定点当たりのインフルエンザ報告数は第50週が57例と微増していますが、全般的に流行は低レベルです(国立感染症研究所 2020-12-7~12-13)。

アジア: フィリピンでHIV感染者が増加

フィリピンでは1984年以来、HIV感染者およびエイズ患者が8万人報告されています(Outbreak News Today 2020-12-1)。今までは感染者の増加が緩やかでしたが、今年は700人以上の感染者が報告されており、増加傾向にあります。患者の96%は男性で、マニラ周辺での感染が4割を占めています。

アジア: トリインフルエンザ患者の発生状況

WHOは2020年10月下旬~12月上旬のヒトのトリインフルエンザ発生状況を発表しました(WHO  outbreak news 2020-12-9)。H5N1型はラオスで1例、H5N6型とH9N2型は中国で各1例報告されています。H5N1型は2003年から17か国で862人(455人死亡)が報告されいますが、2016年以降は患者数が大幅に減少しました。H5N6型は2014年から中国で25人報告されています。
なお、鳥類でのトリインフルエンザ流行はアジア(日本、韓国など)で発生しているとともに、ヨーロッパ(ドイツ、デンマークなど)でも8月以降に561例確認されました(ヨーロッパCDC 2020-12-11)。

アジア: 東南アジアのデング熱流行は鎮静化

東南アジア各国のデング熱患者数は12月になり減少しています(WHO西太平洋 2020-12-3)。今年はほとんどの国で昨年より患者数が減少していますが、シンガポールは3万人以上の患者数となり、過去20年で最大規模の流行となりました。

バックナンバー

問合せ先

東京医科大学病院 渡航者医療センター
〒160‐0023 東京都新宿区西新宿6-7-1 東京医科大学病院8階
電話 : 03-5339-3726(直通)
E-mail : travel@tokyo-med.ac.jp

Page Top