東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

渡航者医療センター

海外感染症流行情報

海外感染症流行情報(2020年5月号)

東京医科大学病院 渡航者医療センター

全世界: 新型コロナウイルスの流行状況

新型コロナウイルスの流行は5月25日までに世界188の国と地域に波及しており、感染者数は530万人、死亡者数は34万人にのぼっています(米国ジョンホプキンス大学 2020-5-25)。
アジアではインドで感染者数が増加しており、一日5000人前後の発生数になっています。西ヨーロッパでの流行は鎮静化してきており、各国が緊急事態措置の解除に動き出しました。米国では流行がピークを越えていますが、いまだに一日1万人前後の感染者が発生しています。ロシアも一日に1万人の感染者数が報告されており、流行はピークに達してきています。南米では5月中旬から感染者数が急増しており、ブラジルではサンパウロ市などを中心に1日2万人以上の感染者が発生しています。アフリカでの感染者数は地域全体で約7万人ですが、今後、増加するものと予想されています(WHO Covid-19 situation report 2020-5-24)。
日本の外務省は海外感染症危険情報を5月22日に発出し、インド、アルゼンチン、南アフリカなど11か国をレベル3(渡航中止勧告)に引き上げました(外務省安全センターホームページ 2020-5-224)。この結果、渡航中止勧告が発出されている国はアジア、中東、ヨーロッパ、北米、中南米、アフリカなどの100か国以上にのぼっています。外務省としてこの状態を6月も継続する予定です。

アジア: 東南アジアでのデング熱流行状況

東南アジア各地でデング熱の流行が報告されています。インドネシアでは3月までに3万9000人の患者が発生しており、昨年同期よりやや増加しています(Outbreak News Today 2020-5-7)。シンガポールでも5月中旬までに患者数が7000人で、昨年同期の倍近い数になっています(WHO西太平洋 2020-5-21)。マレーシア、フィリピンでは4万人、ベトナムでは2万人を越える患者数が報告されていますが、昨年よりも少ない数になっています。東南アジアの多くの国はこれから雨季に入るため、蚊に刺されない対策をとるようにしてください。

アフリカ: コンゴでエボラ熱流行が終息へ

コンゴ民主共和国の北東部で2018年から流行していたエボラ熱の流行が終息に向かっています。今年に入り患者数は減少し、4月に7人の患者が確認されましたが、5月は患者発生がみられていません(WHO Outbreak news 2020-5-21)。2018年からの累積患者数は3462 人(疑い含む)で、このうち2279人が死亡しました。

中南米: ブラジルでのデング熱流行状況

新型コロナウイルスが流行するブラジルで、今年はデング熱の患者数も増加しています。5月上旬までに患者数は100万人にのぼっており、とくにサンパウロ州が多くなっています(Outbreak News Today 2020-5-21)。現地の医療機関は新型コロナの対応に追われており、デング熱患者にまで手が回らない状況です。現地に滞在中は新型コロナの予防とともに、デング熱予防のため蚊に刺されないよう十分に注意してください。

バックナンバー

問合せ先

東京医科大学病院 渡航者医療センター
〒160‐0023 東京都新宿区西新宿6-7-1 東京医科大学病院8階
電話 : 03-5339-3726(直通)
E-mail : travel@tokyo-med.ac.jp

Page Top