東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

渡航者医療センター

印刷する

渡航者医療センター(トラベルクリニック)の特長

東京医科大学病院「渡航者医療センター(トラベルクリニック)」は、海外渡航者の健康問題(基礎疾患の管理、感染症や高山病、潜水病、メンタルヘルスなど)を扱う外来部門です。大学病院という総合的な医療環境のもと、渡航医学(トラベルメディスン)のエキスパートが、成人から小児まですべての方を対象に健康指導、予防接種、健康診断などを提供します。

診療概要

※当センターで実施する診療内容は、基本的に自費診療になります。
※当センターの受診は、紹介状がなくても「選定療養費」はかかりません。

1. 一般外来(一般的な健康診断、各種書類作成、予防接種など)

渡航先に応じた予防接種の他、マラリア予防薬や高山病予防薬の処方などを行います。ワクチンに関しては、日本で使用されているワクチンだけでなく、海外から輸入した各種ワクチンや、通常検疫所でしか接種できない黄熱ワクチンも接種が可能です。

海外赴任や留学のための健康診断を実施し、各種書類を作成します。持病のある方には生活指導、現地に滞在中の方からの医療相談にも応じます。

成人だけでなく小児も対応可能です。小児に対しては、小児科専門医が健康診断や予防接種、渡航に関連した健康相談に応じ、英文予防接種証明書など各種書類作成も行います。

2. 専門外来

○登山者・高山病外来
日本登山医学会登山者検診ネットワーク事業に準拠した健康診断を行います。安全に高地へ渡航できるように、健康指導を行います。高山病予防の薬剤処方なども行います。

○レジリエンス外来(海外赴任者のメンタルヘルス)
レジリエンスは、環境の変化に対しバネのようにしなやかに応じる力をイメージした心理学用語です。海外赴任者が海外でレジリエンスを発揮し活躍ができるように、メンタル面からサポートします。

3. 企業からの相談窓口

企業の健康管理担当者や人事労務担当者を対象に、海外勤務者の健康管理に関する相談窓口を設置しています。相談には海外勤務者の健康問題を専門とする医師が対応します。
「海外勤務者の健康管理に関する赴任前セミナー」などにも応じます。

問合せ先

東京医科大学病院 渡航者医療センター
〒160‐0023 東京都新宿区西新宿6-7-1 東京医科大学病院8階
電話 : 03-5339-3726(直通)
E-mail : travel@tokyo-med.ac.jp

基本情報

診療受付時間午前:初診・予約外:8:00 ~ 12:00(完全予約制)
午後:初診:13:30~16:00(完全予約制)/予約外:受付なし
土曜日(第2、4を除く)時間:9:00 ~ 11:30(完全予約制)
※完全予約制となっております。※健康診断は午前中のみ実施します。
場所

8階案内図

Page Top