東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

渡航者医療センター

ワクチン関係の参考資料

表1:海外でかかりやすい感染症

感染経路 一般的予防法 感染症 主な流行地域 主な症状 予防接種の有無
飲食物から感染
  • ミネラルウオーターを飲む
  • 加熱した料理を食べる
  • 手洗い
旅行者下痢症 途上国 下痢、嘔吐  
A型肝炎 途上国 発熱、黄疸、全身倦怠感
ポリオ 南アジア、アフリカ 発熱、手足の麻痺
腸チフス 途上国(とくに南アジア) 発熱 ○*
患者の飛沫などで感染
  • 手洗いやウガイ
  • 人ごみを避ける
インフルエンザ 全世界 発熱、咽頭痛
結核 途上国 咳・たん、体重減少
流行性髄膜炎
(髄膜炎菌
 感染症)
西アフリカなど 発熱、意識障害、頭痛
蚊に媒介
  • 皮膚を露出しない
  • 昆虫忌避剤を塗る
  • 殺虫剤を散布する
マラリア 途上国 発熱、悪寒  
デング熱 東南アジア, 中南米 発熱、皮疹  
日本脳炎 アジア 発熱、意識障害
黄熱 熱帯アフリカ, 南米 発熱、黄疸
性行為で感染
  • 行きずりの性行為を控える
  • 医療行為にも注意
B型肝炎 アジア、アフリカ 発熱、黄疸、全身倦怠感
梅毒 途上国 性器潰瘍、皮疹
HIV感染症 全世界(とくに途上国) 発熱、リンパ節腫脹
動物の咬傷
  • 動物に近寄らない
狂犬病 全世界(とくに途上国) 恐水発作、けいれん
傷口から感染
  • 傷口を消毒する
破傷風 全世界 口が開かない、けいれん

*予防接種はあるが日本では認可されていない

ワクチンの解説

表2:海外渡航者向けの予防接種(○:推奨、△状況により推奨)

ワクチン名 滞在期間** 対象となる滞在地域 とくに推奨するケース
短期 長期
A型肝炎 途上国全域 60才未満の者
B型肝炎 アジア・アフリカなど 医療従事者
破傷風* 全世界 トレッキングや野外活動を行う者
狂犬病 途上国全域 咬傷後すみやかな処置が困難な地域に滞在する者、
バックパッカー
日本脳炎 中国、東南アジア
南アジア
農村地帯に滞在する者
ポリオ 南アジア、アフリカ とくにナイジェリア、インド、パキスタン、
アフガニスタン
1975~1977年生まれの者
インフルエンザ 全世界 流行時期に滞在する者
呼吸器疾患を有する者
髄膜炎菌 熱帯アフリカ
(先進国)
流行地域への渡航者
先進国でも寮生活を送る者、
高校・大学などから接種を推奨されている者
黄熱*** 熱帯アフリカ、南米 接種証明書の提出を要求する国に入国する者

*小児には三種混合(DTP)に含まれる。
**短期:1ヶ月未満の滞在
***黄熱ワクチン:東京医科大学病院渡航者医療センターでは毎週金曜日の午後に接種しています。

ワクチンの解説

表3:地域別に推奨される予防接種(○:推奨する)

  短期旅行者(#1) 長期滞在者

ワクチン名

地域名

A型肝炎 黄熱(#2) A型肝炎 B型肝炎 破傷風 狂犬病 黄熱 日本脳炎 ポリオ
東アジア
(中国、韓国など)
東南アジア
(タイ、ベトナムなど)
南アジア
(インドなど)
中近東
(サウジアラビアなど)
アフリカ
(ケニアなど)

(赤道周辺)

(赤道周辺)
東ヨーロッパ
(ロシアなど)
西ヨーロッパ
(イギリス、フランスなど)
北アメリカ
(合衆国、カナダなど)
中央アメリカ
(メキシコなど)
南アメリカ
(ブラジルなど)

(赤道周辺)

(赤道周辺)
南大平洋
(グアム、サモアなど)

(島による)
オセアニア
(オーストラリアなど)

#1.短期旅行者:滞在期間が1ヶ月未満で都市部やリゾートなどに滞在する者
#2.黄熱ワクチン:東京医科大学病院渡航者医療センターでは毎週金曜日の午後に接種しています。

ワクチンの解説

表4:各ワクチンの接種回数と有効期限

ワクチン名 接種回数 およその接種間隔 有効期間の目安
2回目 3回目
国内承認ワクチン
A型肝炎(国産) 3回 2~4週 24週 添付文書には記載なし(約10年)
B型肝炎 3回 4週 20~24週 添付文書には記載なし(約10年)
破傷風* 3回 3~8週 初回後6ケ月以降
(標準として初回後12?18ケ月)
5~10年ごと
狂犬病(国産) 3回 4週 6~12ヶ月 ※曝露後には追加接種が必要
日本脳炎** 3回 1~4週 12ヶ月 4~5年
不活化ポリオ** 3回 4~8週 さらに6~12ヶ月後 -
髄膜炎菌 1回 - - 3~5年
黄熱*** 1回 - - 生涯有効
輸入ワクチン
A型肝炎(輸入) 2回 6~12ヶ月 - -
腸チフス 1回 - - 2~3年
狂犬病(輸入) 3回 7日 21日または28日 ※曝露後には追加接種が必要

上記の表は、初めて接種する人に対する接種の目安です。

*破傷風トキソイド: 1968年以降に生まれた方は既に小児期に接種を受けていることが多く その場合は1回の追加接種のみを行います。
**日本脳炎ワクチン、ポリオワクチン:成人の場合、通常は追加接種を行います。
***黄熱ワクチン:東京医科大学病院渡航者医療センターでは毎週金曜日の午後に接種しています。

問合せ先

東京医科大学病院 渡航者医療センター
〒160‐0023 東京都新宿区西新宿6-7-1 東京医科大学病院8階
電話 : 03-5339-3726(直通)
E-mail : travel@tokyo-med.ac.jp

Page Top