東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

低侵襲心臓・血管病治療センター

主な治療方法のご紹介

経カテーテル的大動脈弁留置術TAVIタヴィ/TAVRティーエイヴィアール: Transcatheter Aortic Valve Implantation / Replacement)

大動脈弁狭窄症に対し、従来であれば開胸心臓外科的手術のみが根本的治療でしたが、より低侵襲的な治療として、高齢者を中心に多くの患者様へ適応されています。鼠径部(足の付け根)や鎖骨下動脈もしくは胸部の小切開にて行う治療です。実質の手術時間も早ければ1時間程度で終了し、多くの場合、術後翌日から歩行が可能です。入院期間も1週間弱程度と、早期に社会復帰が可能となります。当院では国内外High volume centerでの経験医師が在籍し、また鼠径部からカテーテルを挿入するステントグラフト内挿術の経験も多く持つため、経験値豊富な治療チームがより安全に治療を提供しています。

経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI/TAVR: Transcatheter Aortic Valve Implantation / Replacement)
経カテーテル的バルーン大動脈形成術BAVバヴ: Balloon Aortic Valvuloplasty)

現在では大動脈弁狭窄症に対して上記TAVI治療が一般的ですが、種々の理由により人工カテーテル弁を留置が適さない場合には、バルーンによる風船拡張のみで患者さんご自身の自己弁を拡張し(図参照)、狭窄解除を試みる治療法です。TAVIと同様に鼠径部からカテーテルを挿入し治療を行います。

経カテーテル的バルーン大動脈形成術(BAV: Balloon Aortic Valvuloplasty)
胸部ステントグラフト内挿術TEVARティーヴァー:Thoracic EndoVascular Aortic Repair)
腹部ステントグラフト内挿術EVARイーヴァー:EndoVascular Aortic Repair)

大動脈疾患に対しては、従来、人工心肺装置使用下での人工血管置換術が一般的でしたが、年齢や病態に応じ、侵襲を減らす目的で血管内治療(図1a、b、c)を行なっています。

TEVAR=ステントグラフト内挿術
胸部ステントグラフト
EVAR=腹部ステントグラフト内挿術
腹部ステントグラフト

また、従来の解剖学的制限のある症例に対しても外科的治療や他の血管内治療との組み合わせを用いたHybrid治療も行い、対応をしております(図3)。

ハイブリッドTEVAR

待機的症例の他にも、胸部大動脈瘤破裂、合併症を伴うB型大動脈解離、腹部大動脈瘤破裂など緊急を要する疾患に対しても、院内にステントグラフトを常備することで、より迅速な対応ができるよう準備をしております(図4a, 4b)。日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定の複数名の指導医、実施医により身体負担の少ない治療、緊急症例に対する迅速な救命手術を提供しております。

急性B型大動脈解離に対するTEVAR
腹部大動脈破裂に対するEVAR
経皮的血管形成術PTAピーティーエイ: Percutaneous Transluminal Angioplasty)

下肢閉塞性動脈硬化症の狭窄あるいは閉塞した動脈に対して血行再建術を行っています。足の付け根に局所麻酔をして、皮膚から動脈を穿刺し、カテーテル(細い管)を血管の中に通して、病変部位をバルーン(風船)やステント(金属)で広げる治療です。組織に流れる血液量を増やし、間欠性跛行や安静時痛などの症状を軽減し、潰瘍の治癒を期待します。通常、所要時間は1〜2時間程度で、傷口は小さくて済み、3泊4日の入院で行っています。

再生医療:自己骨髄由来培養間葉系細胞移植による末梢動脈疾患に対する完全自家血管新生治療(申請中)

下肢の痛み、皮膚の潰瘍・壊死などの症状で困っている慢性重症下肢虚血患者さんに対し、内科的な薬物治療、カテーテルによる血管形成術、外科的バイパス手術などが奏功しない場合、新しい治療法として再生医療が考えられます。患者さん自身の少量の骨髄細胞を、自分自身の血液で培養した細胞を使って、血管を再生し下肢虚血を治療する方法です。(細胞・再生医療センターのページはこちら

Page Top