東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

形成外科

形成外科の3つの特長

1患者中心の治療を基本としています

例えば傷跡一つとってもそれに対する悩みは患者一人ひとりで違います。機能的に困っているのか、見た目が気になるのかなど具体的なお悩みをお気軽にご相談ください。患者さんそれぞれにあった治療法を行います。

2日本形成外科学会 認定施設です

日本形成外科学会認定形成外科指導医、形成外科専門医、皮膚腫瘍外科指導医、小児形成外科分野指導医、日本熱傷学会認定熱傷専門医、日本創傷外科学会認定専門医、日本頭顎顔面外科学会認定専門医が中心となって診療を行っています。

3他科と連携した診療を行なっています

形成外科は頭の先から足の先まで診る科です。そのため疾患が多岐にわたることも多く、小児科、消化器外科・小児外科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、歯科口腔外科・矯正歯科、眼科、整形外科、脳神経外科、救命救急センターなどとの連携を密に診療を行っています。

主な診療内容について

皮膚・軟部腫瘍や傷あとの治療皮膚、軟部組織の良性、悪性腫瘍の切除とともに、切除した組織欠損や変形に対する機能・整容的な再建を行っています。
母斑、母斑症、血管腫などの色素異常に対するレーザー治療、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイドなどに対する保存的治療、手術治療を行っています。
顔面、手指の外傷顔面の骨折、軟部組織損傷などの新鮮外傷のみならず、顔の瘢痕、醜形や陳旧性骨折の手術も行っています。また、手指の外傷、顕微鏡下での指の再接着、手の機能の再建も行っています。
また、眼瞼下垂などの眼瞼の形成術も積極的に行っています。
先天性疾患唇裂、口蓋裂、合指症、多指症、小耳症などの先天性疾患を数多く行っています。
⇒口唇口蓋裂センターについてはこちらをご覧ください。
熱傷熱傷専門医が機能、整容面も考慮した治療を行っています。また併設されている熱傷ユニットにて広範囲~全身熱傷の治療も行っています。
難治性潰瘍糖尿病、血管閉塞などの疾患に付随して起こる難治性潰瘍、褥瘡、壊疽に対する集学的な治療を行っています。
乳房切除後の再建乳房切除後の一次・二次再建を自家組織・インプラント等を用いて治療しています。
⇒乳房再建外来についてはこちらをご覧ください。

受診案内

初診の方

診療受付時間一覧表をご参照願います。

予約は出来ません。紹介状がなくても診察は可能ですが、なるべくご持参ください。
紹介状をお持ちでない方の場合、初診料の他に「選定療養費5,000円(税抜)」をご負担いただくことになります。混雑のためお待たせする時間が長くなり、ご希望の医師の診察にご対応できない場合もありますが、何卒ご了承ください。

再診の方

原則として予約の診療をお願い致します。通常、診察時に次回再診日を予約し予約券を発行いたします。予約のない場合は混雑のためお待たせする時間が長くなり、ご希望の医師が診察にご対応できない場合もありますが、ご了承ください。

再診電話予約時間

平日:8:00 ~ 16:30  土曜(1・3・5):8:00 ~ 12:30
電話:03-3342-6111(代) から「形成外科外来受付」宛

その他

担当医が決まっている方は電話で診察日を確認してください。学会、緊急手術などで診察日が変更されることがございますが、ご了承ください。

基本情報

診療受付時間午前〔平日、第1・3・5土曜日〕:
    8:00 ~ 11:00
火曜・水曜の午後は初診・予約外の受付無し。
※乳房再建外来をご希望の方は、形成外科外来にお電話ください。
場所

3階案内図

Page Top