東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

漢方医学センター

漢方医学センターの特長

東京医科大学病院漢方医学センターは、患者さんの一層の症状改善と生活の質向上を目指すため、新病院開院に合わせて新規開設されました。現代医学的な視点と異なる漢方医学の診断や治療法を十分に生かし、様々な症状(後述の「漢方治療の向いている症状など」をご参照ください)でお困りの患者さんのお役に立てるよう、鋭意診療にあたってまいります。

漢方医学センターのスタッフは、現代医学におけるそれぞれの臨床専門分野をベースにさらに漢方を専門に研修した医師であり、全員が漢方専門医の資格を有している漢方医学のエキスパートです。

漢方医学センターは、当院各診療科に通院中の患者さんを中心に、漢方治療の併用でさらに症状が良くなっていただくことを第一の使命としています。その意味で、安心して漢方治療を受けていただくために現代医学的な検査を十分行い、正確な診断を行うことも重視しています。現代医学的治療と漢方治療の良さを組み合わせた医療を統合医療と呼んでいますが、統合医療によってより良い治療効果が発揮されると考えています。同様の理由から、基本的に院内紹介制を取らせていただいております。まずは各診療科の主治医にご相談ください。

診療内容

詳細な問診や脈診(脈をとって体力の有無などを診断)、舌診(舌を見て胃腸の働きなどを診断)、腹診(お腹を触診して、胃腸の状態のみでなく自律神経バランスや血行不良の有無なども診断)など、漢方医学の伝統的な診断方法に基づく漢方医学からみた「見立て」を行います。そのうえで、個々の患者さんに適した漢方薬による治療を行います。当院で処方する漢方薬は、医療用エキス製剤と呼ばれる顆粒状の剤型のものです。長期の保存性に優れ、服用が簡便で携帯にも便利です。ただし、病状や経過によっては、煎じ薬による治療や鍼灸治療の併用をアドバイスさせていただくこともあります。

脈診

舌診

腹診

診療体制・スタッフ

及川 哲郎(漢方医学センター長、総合診療科 准教授)

及川 哲郎(漢方医学センター長、総合診療科 准教授)
担当日:火曜日午後、水曜日午後、(第1,3,5)金曜日午後

メッセージ 消化器内科が元々の専門ですが、胃腸をはじめ幅広い症状に対応いたします。

渡邉 秀裕(感染症科 教授)

渡邉 秀裕(感染症科 教授)
担当日:(第2,4)金曜日午後

メッセージ 呼吸器系の病気を中心に拝見しています。

矢数芳英 (麻酔科 兼任講師)
担当日:木曜日午後

メッセージ 痛みの治療を得意としています。

受診方法・お問い合わせ先

院内紹介制です。各診療科の主治医に漢方医学センターへの受診希望をお伝えください。当院に通院中でない方で受診を希望される場合、まず水曜日午前中の総合診療科外来(担当 及川)を受診して下さい。必要な検査等を行った上、漢方医学センターにご紹介させていただきます。その際、できる限りかかりつけ医の紹介状をお持ちください。ご不明な点は、当院総合診療科外来受付へお問い合わせください。

漢方治療の向いている症状など

漢方治療は下記のような症状・病態に向いており、各診療科の現代医学的標準治療で十分改善しない症状にも有効な場合があります。辛い症状の一層の改善や体調管理の一環として、漢方の知恵をぜひご活用ください。

  1. 冷え症
  2. 虚弱体質による体調不良、体力低下
  3. 老化に伴うさまざまな症状
  4. アレルギー性疾患の症状軽減、体質改善
  5. 生活習慣病など慢性疾患の症状軽減
  6. 西洋医薬品(抗がん剤など)の副作用の軽減
  7. 各診療科の標準治療で十分改善しない諸症状 など

漢方医学のご紹介

漢方治療は下記のような症状・病態に向いており、各診療科の現代医学的標準治療で十分改善しない症状にも有効な場合があります。辛い症状の一層の改善や体調管理の一環として、漢方の知恵をぜひご活用ください。

1.日本の伝統医学です

漢方医学の源流は中国から伝来しましたが、室町時代ころから日本独自の進化をしました。時代が下って、西洋医学(蘭方)に対して漢方と呼ぶようになりました。

2.生薬を用いた治療を行います

生薬の組み合わせでひとつの処方ができ、有名な葛根湯は7つの生薬から出来ています。これが民間薬との違いで、多彩な症状にも一処方で対処でき、最大限の効果を発揮します。

3.漢方医学的な考え方に基づき治療をします

一人の患者さんに一つの最適な薬を選ぶ漢方医学の診断は、今風に言えばオーダーメイド治療を指向したもので、現代医学の標準化された治療とは補い合う関係にあります。

4.患者さんのQOLを重視します

患者さんの症状をいかに取り除くかを重視します。現代医学が臓器別に細分化されるのに対し、東洋哲学的バックボーンである心身一如(心と体を分けて考えない)を大事にします。

5.統合医療に向いた医療体系です

上記のように、漢方医学は患者中心・治療重視、現代医学は病気中心・診断重視ともいえます。そこで、両者を組み合わせてよい効果を引き出そうというのが統合医療の考え方です。意外に思われるかもしれませんが、伝統医療と現代医療を同一医師が行えるのは世界でも日本だけです。ぜひ皆様にもそのメリットを享受していただきたいと思います。

健康維持につながる養生のポイント

より健康な生活を送るためにはときに薬や手術も必要となりますが、良い生活習慣が大切なのは論を俟たないと思います。食事や運動など生活上の注意を守って過ごすことを漢方医学では養生といいますが、このページでは漢方医学的な養生の一般的ポイントをごく簡単にまとめてみました。皆様の日常生活を見直すご参考にしていただければと思います。

食事(糖尿病などすでに食事指導を受け治療中の方はそちらを優先してください)

腹8分目を心掛け、特に夜はたくさん食べないようにしてください。
体重がなかなか減らない方は、夜の主食を減らす習慣(糖質ダイエット)も有効です。
体重計に毎日乗って、体重の「見える化」を図るのも効果的です。
漢方医学的には、体重が増えると水毒(体内の水分バランス悪化によりむくみやアレルギー症状が出やすくなります)や?血(おけつ、血行不良による冷えや痛みが悪化)が悪化すると考えられています。

運動

膝や腰が悪くなければ基本的にウォーキングがおススメです、8000歩を目標に。
天気が悪いときなどは、自宅でのテレビ体操やストレッチでもOKです。
漢方医学的に、運動不足は?血の悪化を招くと考えられます。一方で、運動は?血のほか気鬱・気逆(自律神経バランスの失調により憂うつ、不安、動悸などの症状が出現)の改善にも有効、神経の緊張を和らげ自律神経のバランスを整えてくれます。

入浴・睡眠

シャワーだけでは温まらないどころか、季節によってはかえって体が冷えてしまうことがあります。
短い時間でも必ずバスタブにお湯を張り、ぬるめのお湯に(できればゆっくり)入るとよいでしょう。
睡眠負債が注目されています。個人差はありますが、できれば睡眠は7時間以上を確保してください。
漢方医学的に、入浴は運動と同様、血行改善や自律神経バランスの調整(気血の調整)を期待できます。一方、睡眠不足は気鬱・気逆を中心にさまざまな不調に関係します。

基本情報

場所

1階 案内図

Page Top