東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

整形外科

対応疾患

脊椎疾患

頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアに代表される退行性疾患、脊椎後弯症、首下がり、脊髄神経鞘腫、転移性脊椎腫瘍など腫瘍性疾患、脊椎後縦靱帯骨化症など難病指定疾患、脊髄損傷などの外傷性疾患、関節リウマチ、脊髄係留症候群などの診断、治療を行います。

関節疾患

変形性膝関節症、変形性股関節症などの退行性疾患、大腿骨頭壊死症、関節リウマチや血友病性関節症、外反母趾など足部疾患の診断・治療を行います。手術は人工関節手術を中心に難しい症例や、内科的合併症を持つ高リスク症例に対しても、内科と連携し可能なかぎり手術を行っています。また、外反母趾に対する矯正骨きり術などを行っています。

スポーツ・関節鏡班

サッカーをはじめとしたアスリートの骨折や、半月板損傷、靭帯損傷、軟骨損傷、股関節障害などの診断、治療を行っています。関節鏡を用いた治療は、関節鏡にて治療可能なすべての関節に対して行っており、その内訳は前十字靭帯損傷に対する関節鏡視下2重束前十字靭帯再建術、距骨骨軟骨損傷に対する足関節鏡視下手術、股関節唇損傷やFemoroacetabular Impingement(FAI)に対する股関節鏡視下手術など多岐にわたります。

その他

大腿骨頚部骨折、四肢長幹骨骨折、関節内骨折などの外傷性疾患に対する治療なども行っております。

Page Top