東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

メンタルヘルス科

【現在 当院では外来診療を制限しております】

詳しくはこちらをクリックしてください。

メンタルヘルス科からのお知らせ

こどものこころ診療部門のご紹介

「こどものこころ診療部門」を運営しています。詳しくはこちら

メンタルヘルス科の3つの特長

1患者さんと医療スタッフが協力して治療をすすめます

 私たちの目指す、メンタルヘルス治療は、医療スタッフと患者さんが協力して治療ターゲットとなる症状を絞り込み、小さな改善の積み重ねから社会復帰を目指していく共同作業です。そのために私たちは、患者さんやご家族と互いに信頼できる協力関係を築くことを心がけています。

2「悩み」と「病気」区別をつけて、適切な治療につなげます

 精神的に健康でも悩むことがあります。精神疾患を抱えていても幸せを感じることはできます。悩みや不幸感と精神疾患とは別物ですが、多くの人がそれを混同し、医療機関に行くことをためらってしまいます。自分やご家族が精神的な病を持っているのではと心配な方は、遠慮なく当科に相談してみてください。

3快復にプラスになるような生活を実現するための環境調整や助言をします

 快復にプラスになるような生活を実現するための環境調整や助言を行っています。患者さんご自身やご家族が、病気に対する理解を深め、治療の重要性を理解し、治療方針や治療計画に積極的に参加できるように心がけています。

主な診療内容について

外来 原則として、初診担当医から引き継がれた再診担当医が担当いたします。状態や状況に応じて、薬物療法・心理療法・社会復帰支援を院内外の関係部門と連携しながら行っていきます。最新の知見に基づいたバランスの良い診療を心がけております。当科では原則としてカウンセリングは実施しておりません。
入院 入院治療では、医師、看護師、精神看護専門看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、心理士など多くのスタッフが協働して治療を担当いたします。薬物療法・心理療法に加え、無けいれん通電療法(m-ECT)などの専門的な治療も可能です。また、院内外の関係部門と連携して退院後の社会復帰に向けた相談や支援を行い、必要に応じて地域の医療機関や援助事業者、各種サービスをご紹介いたします。
社会復帰支援 当院の総合相談・支援センターに所属する社会福祉士・精神保健福祉士と協働しています。地域の医療機関や関連機関・施設と連携して、円滑な社会復帰への支援をいたします。デイケアや復職のためのリワークプログラムが必要な場合、地域での実施施設をご紹介いたします。
セカンドオピニオン 当院では、他の医療機関を受診されている患者さんを対象に、セカンドオピニオンをお受けしております。セカンドオピニオンは、現在の診療内容や治療法に関しまして、当院の専門医の判断・意見を提供し、患者さんご自身の治療に参考にしていただくものです。当科でのセカンドオピニオンをご希望の方は、当院のセカンドオピニオンのページをご覧ください。現在受診している医療機関がある場合、そちらからの紹介状が必要です。
→セカンドオピニオンについてはこちら

受診案内

注意

 保険制度上、他院の精神科や心療内科におかかりの方は、そちらと同時に当科での保険診療を受けることはできません。他院から転院して当科での診療をご希望の場合は、紹介状をお持ちくださいますようお願いいたします。

初診は、午前中のみの受付となります。
こどものこころ診療部門は、初診・再診ともに完全予約制となっております。

外来は、初診担当医から引き継がれた再診担当医が担当いたします。再診担当医は外来日が決まっておりますので、原則的にはその外来診療日にご予約いただき来院していただくようになります。

大学病院診療科はたくさんの患者さんをお引き受けしている都合上、予約時刻と実際の診療時刻がずれ込む可能性がございますのでご了承ください。限られた診療時間となりますことから、メモやノートに近況をおまとめになっての受診をお勧めします。

基本情報

診療受付時間午前〔平日、第1・3・5土曜日〕:
    8:00 ~ 11:00
午後〔平日〕:
    13:00 ~ 14:30
(※午後の診療は再診・予約のみ、
こどものこころ診療部門は初診・再診ともに完全予約制)
場所

8階案内図

Page Top