東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

麻酔科(ペインセンター)

印刷する

麻酔科(ペインセンター)からのお知らせ

<休診・外来制限のお知らせ>

2020年2月28日(金)~29日(土)休診、2020年1月18日(土)、3月6日(金)予約外診察休診のお知らせ

<診療について>

  • お電話での治療相談は受け付けておりません。
  • 時間外・休日の対応はしておりません。日中の外来でご相談ください。
  • 初診時には、かかりつけ医師の情報提供書(紹介状)および現在のすべての内服状況のわかるもの(お薬手帳など)をご持参ください。
  • 緩和医療(癌性疼痛)の初診は、対応しておりません。緩和医療部の「緩和ケア相談」でご相談ください。

麻酔科(ペインセンター)の3つの特長

1手術を受けても辛くない、そんな周術期管理を目指して

全身麻酔は魔法ではなく偶然なものでもありません。痛みの感覚を抑え、意識を低下させ、筋肉を柔らかく動かないようにして、体に不都合な反射や状況を調整する。一つひとつは単調なものですが、これらをまとめて、しかも同時に把握してコントロールするには相応の知識と経験が必要となります。麻酔中は感覚を研ぎ澄まして、その時々の最善策を考案しながら私たちは麻酔管理を行っています。

2全身管理を中心に集中医療技術を活かす

積極的にリハビリを行い、質の高いICU管理を目指します。ご本人のみならず家族を含めたご関係者にとって最善の治療を目指し集中治療管理を行っています。

3ペインクリニック(痛みの学問)による、痛みの原因を見つけて治療

ペインクリニックは、痛みの原因を調べ、主に注射(神経ブロック)や薬などで病気を治療する部門です。主に神経ブロックや薬物治療などを用いて、体の痛みを緩和し、社会復帰や日常生活の早期改善を目指します。神経ブロックはエコーやレントゲンを用いて診断して治療を行っています。また他の診療科、臨床心理士やリハビリテーションなどと一緒に治療することもあります。つらい痛みの患者さんが安心して受診できるように心がけています。

主な診療内容について

ペインクリニック外来(痛みの治療外来)痛みについて
「痛み」を感じる神経は、病気やケガなどからだの異常を知らせる警報を出すことで役立っています。一方で一つの痛みが、別の新たな痛みをまねき、痛みが慢性化してしまうこともあります。これを痛みの悪循環と呼びます。こうした慢性的な痛みが中等度以上の人は日本に2600万人以上いるといわれます。
 痛みはときに、肉体的にも精神的にもたいへんな苦痛を伴います。この苦痛は、患者さんの体力を消耗させ、ストレスを増大させてしまいます。
 つらい痛みは我慢せず積極的に治療したほうが、日常生活の質(Quality Of Life)、即ち日常の活動範囲をより向上させることができます。
 当科のペインクリニック外来では、個々の患者さんに合わせた痛み(ペイン)の治療(クリニック)を行います。一般的な鎮痛剤などで効果がない慢性痛には、神経ブロックをはじめとして、さまざまな治療で痛みを抑制・緩和しながら患者さんのQOLの向上をめざします。
 近年は、がんなどをはじめ多くの病気の治癒率が向上し、長寿を実現できる社会になってきました。健康寿命が注目されるなか、慢性痛も積極的に治療し、痛みからの解放が、全身の体力維持と健康につながるように、専門的な知識と技術で治療をしていきたいと思います。

当科で扱う痛みの種類
 痛みの種類は、けがや手術などのように本来の痛みの機能に由来する痛み(侵害受容器性疼痛)、神経が傷ついて起こる病的な痛み(神経障害性疼痛)、心情と密接に関係する痛み(心因性疼痛)など多種多様ですが、慢性の痛みがペインクリニックの対象なる場合が多くあります。
 体の部位別の痛みには、頭部・顔面痛・頚肩腕痛・胸背部痛・腹痛・腰下肢痛・骨盤内・陰部痛などの身体のあらゆる箇所の痛みを扱っています。病気の種類としては、片頭痛をはじめとする頭痛全般、三叉神経痛、首・肩・腕・背中・腰・足などの筋肉や骨の痛み(筋筋膜性疼痛、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、腰椎術後疼痛、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群など)、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、血管が障害されて起こる閉塞性動脈硬化症やバージャー病、膠原病などによる難治性の潰瘍、術後の痛み、複合性局所疼痛症候群(カウザルギーなど)、手や足がないのにその部位があるように痛む幻肢痛、オートバイなどの事故で腕の神経が傷ついて起こる引き抜き損傷後疼痛などがあります。
 以上の病気の診療手順を踏みながら安全に、痛みで悩んでいらっしゃる多くの患者さんの助けになれるよう痛みの治療に取り組んでおります。何か痛みでお困りの方は、一度でも来院していただきたいと思っています。
術前評価外来「術前評価外来」や「術前回診」で情報を収集し問題点を抽出して、主治医だけでなく合併症の担当医も招いて安全第一の「麻酔計画」を立てます。 患者さんが安心して麻酔・手術を受けられるように丁寧に説明いたします。

⇒click ~麻酔を受ける患者さんへ~ 
※クリックすると麻酔科学分野ホームページがが開きます。一番上のバナーをクリックしてください。

受診案内

再来の方

ご予約は希望日の前日までに麻酔科外来受付にご連絡ください。

電話予約時間

月曜日 ~ 金曜日 9:00 ~ 11:30、13:30 ~ 16:00

予約変更

ご予約の変更は麻酔科外来受付までお電話ください。

その他

各種難治性疼痛に対する研究および治療を専門に行っております。痛みに関して御悩みの方は気軽に御相談ください。

基本情報

診療受付時間午前〔平日、第1・3・5土曜日〕:8:00 ~ 11:00
午後の初診は病棟のみ受付(予約外の受付なし)
※麻酔相談は10:00まで受付
場所

4階案内図

Page Top