東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

聴神経腫瘍・頭蓋底腫瘍センター

印刷する

 東京医科大学病院では、聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍・頭蓋底腫瘍に対して専門性をもって治療しております(聴神経腫瘍・頭蓋底腫瘍センター)。聴神経腫瘍・頭蓋底腫瘍に関連する2診療科(脳神経外科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科)が連携し、診療・検査・手術を行っています。

聴神経腫瘍・頭蓋底腫瘍センターの特徴

 聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍・頭蓋底腫瘍の手術は、脳神経外科・耳鼻咽喉科領域ではきわめて難しい分野と認識されており、豊富な手術経験、手術の技術、術中神経モニタリング(各種神経機能の監視を行うシステム)、術前・術後の専門的な種々の検査、術前の腫瘍塞栓を行う脳血管内治療チームが揃っていることが重要になります。

 当センターの役割は、この分野の腫瘍を患われた患者さんに正確な医療情報を提供し、また当センターでの手術を希望する患者さんには合併症の少ない医療を提供すること、そしてセカンドオピニオンに対応して専門的な意見を提供することです。

 この分野の手術の合併症には、聴力障害、顔面神経麻痺、味覚障害、涙の分泌不全、ふらつきやめまい感、顔の知覚低下、嚥下障害、声嗄れ、複視 (二重視)、髄液漏、髄膜炎、創部のトラブルなどが挙げられますが、ごく稀に小脳の腫れなどが起こった場合には、生命に係わったり、手足の麻痺や感覚障害に至ることもあり得ます。これらの合併症をいかにして防ぐか、あるいはその発症率を下げるかが医療機関の技術の見せどころとなります。

 当センターでは、聴神経腫瘍・良性頭蓋底腫瘍脳腫瘍の手術件数は年間に130-150件(毎週3-4件)行っています。また、専門の臨床検査技師2名を擁し、術中の脳神経モニタリングに臨んでおります。当院では、持続顔面神経モニタリングを以前より導入しており、3種類の顔面神経モニタリングと2種類の聴覚モニタリングを行っております。特に、「持続顔面神経モニタリング」無しには高い顔面神経機能温存率は維持できないと考えています。状況に応じて、運動神経機能モニタリング (MEP)、知覚神経機能モニタリング (SEP)、迷走神経モニタリングを含む下位脳神経群・舌下神経モニタリング、眼球運動モニタリング、視機能モニタリングを追加して対応しています。

診療内容

1.当センターで専門的に診療・治療している対象疾患

  • 聴神経腫瘍(聴神経鞘腫、前庭神経鞘腫とも呼称されます):条件次第で聴力温存手術が可能です。
  • 小脳橋角部腫瘍
    (三叉神経鞘腫・顔面神経鞘腫・頸静脈孔神経鞘腫・舌下神経鞘腫・類上皮腫・類皮腫)
  • 頭蓋底髄膜腫(錐体斜台部・テント部・小脳橋角部など)
  • グロームス腫瘍
  • その他の腫瘍(脊索腫・軟骨肉腫)

2.当センターにおける手術適応

聴神経腫瘍に関しては、基本的には10-50歳代の方で、脳幹を圧迫している腫瘍が手術適応となります。しかし、年齢が10-30歳代の患者さんや、神経症状によっては腫瘍が脳幹に接触していなくても手術をお勧めする場合があります。60歳以上の患者さんには、かなり腫瘍が大きい場合や水頭症を合併している場合には手術を、そうでない場合には原則的に経過観察あるいは放射線治療をお勧めしています。頭蓋底髄膜腫、顔面神経鞘腫、頸静脈神経孔鞘腫、グロームス腫瘍は、症状や腫瘍の大きさにより手術適応を判断しています。
若い患者さんの脳幹を圧迫する良性頭蓋底腫瘍は、きちんと切除した上で神経症状を出さないという、2つの相矛盾する課題をクリアする必要があります。これが、脳神経外科の中でも最難関手術の1つとされる理由であり、高い専門性と技術、経験、術中モニタリングのいずれも欠かせません。

3.経過観察について

当院で手術をした患者さんの術後のフォローアップにつきましては、責任をもって対応いたします。しかし、手術の適応外の患者さんに関しましては、特殊な事情がない限りは紹介元の医療機関での経過観察をお願いすることが多いのが実情です。ただし、フォローアップの結果、治療の必要性が生じることがあれば、責任をもって対応いたします。

診療体制

診療実績

当院脳神経外科での2013年以降の診療実績は下記のとおりです。

2013 2014 2015 2016 2017 2018
聴神経腫瘍 106 98 78 84 117 108
顔面神経鞘腫 4 4 2 4 6 5
三叉神経鞘腫 2 5 4 4 2 2
頸静脈孔神経鞘腫 9 4 3 11 4 2
その他の神経鞘腫 1 2 1 0 1 0
グロームス腫瘍 1 1 2 1 2 0
頭蓋底髄膜腫 14 22 16 16 14 16
類上皮腫 3 7 3 4 3 8
その他 5 3 3 5 2 4
総計 145 146 112 129 151 145

聴神経腫瘍の手術における平均腫瘍切除率は約97%で、解剖学的顔面神経温存率は99.5%、顔面神経機能温存率は98%、有効聴力温存率は63%。(2019.6.1現在)

受診案内

ご紹介医の先生方へ

医療連携を通してご紹介いただくことは可能です。まずは脳神経外科 河野医師にご紹介をお願い申し上げます。お急ぎの場合には、河野医師の外来を予約なしに受診するよう、患者さんにお伝えください。

患者さんへ

原則、受診には紹介状とMRIなどの画像検査 (CDやフィルム)をお持ちいただきます。
受診をご希望の方は、脳神経外科の外来受付にお問い合わせください。
また受診の際には、お持ちいただく検査画像の登録にお時間をいただくため、当日の受付時間に余裕をもってのご来院をお願いします。

Page Top