東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

脳神経外科

脳神経外科からのお知らせ

【河野医師の診察をご希望の方へ】

かかりつけ医に紹介状と画像をご用意いただき、かかりつけ医師から当院 総合相談・支援センター 医療連携担当へご連絡の上、ご予約をお取りいただくか、お急ぎの患者さんは、予約を取らずに直接、河野医師の外来診察日の朝早目の時間帯(9時半頃まで)に受診してください。河野医師の診察日は火曜日・木曜日の午前中ですが、遠方からお越しの患者さんは、必ず外来に河野医師が当日に診察に出ていることを確認してください(学会等で出張することがあるため)。

※患者さんご本人からの予約は受け付けておりませんのでご了承ください。
※お電話での治療相談は受け付けておりません。
※セカンドオピニオンをご希望の方は、「セカンドオピニオン」のページをご一読ください。

脳神経外科の3つの特長

1最先端の高度先進医療を実践しています

従来の治療法に加え、脳動脈瘤に対する血管内治療、水頭症に対する神経内視鏡手術や、脳腫瘍・動静脈奇形に対する定位的放射線療法など、積極的に取り入れ実践しています。

2超急性期から急性期の脳疾患の治療に迅速に対応

迅速な診療が必要な超急性期・急性期の脳血管障害や神経外傷に、救命救急センターと連携しながら対応します。

3クリニカル・パスによる計画的な診療を行ないます

脳神経外科で取り扱う疾患は、血管障害、腫瘍、外傷、小児などと多岐に渡ります。そこでクリニカル・パスを早期から取り入れ、計画的で効率的な医療を行っております。

主な診療内容について

脳腫瘍通常の開頭腫瘍摘出術に加え、覚醒下にナビゲーションや脳機能をモニタリングしながら腫瘍摘出術を行う手術を早期から導入しています。また、経蝶形骨的下垂体腫瘍摘出術を始めとする低侵襲性手術に積極的に取り組んでいます。
クモ膜下出血(特に破裂脳動脈瘤によるもの)従来の開頭術によるネッククリッピング術ばかりでなく、動脈瘤をコイルにより血管内から塞栓する血管内治療を早期から行っています。症例ごと最適な方法により治療を行っています。
水頭症シャントと呼ばれる従来からの脳室・腹腔短絡術ばかりではなく、神経内視鏡による第三脳室開窓術に積極的に取り組んでいます。また、正常圧水頭症の治療にも積極的に取り組んでいます。

受診案内

※午後の初診は行っていません。

再来の方

予約した診療日時を厳守するようにお願いします。通常、診療時に次回再来日時を予約しますが、予約のない方は電話予約もできます。脳神経外科外来受付けにIDナンバー、氏名、再来希望日時、担当医をお知らせください。

電話予約時間

午前9:00 ~ 12:00 / 午後1:00 ~ 4:00(月~金曜日)

その他

初診・予約外診察の場合、診察医の指定は承っておりません。

病気によっては急を要する場合がありますので、遠慮なくご相談ください。また、脳神経外科というと脳疾患に限定して思われがちですが脊髄、脊椎疾患、未梢神経疾患も診療に含まれます。

基本情報

診療受付時間午前〔平日、第1・3・5土曜日〕:
    8:00 ~ 11:00
午後〔平日〕:
    13:00 ~ 14:30
(※午後の初診は行っていません。)
場所

4階案内図

Page Top