東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

内視鏡センター

内視鏡センターからのお知らせ

  • 第100回 日本消化器内視鏡学会総会 市民公開講座WEB開催のお知らせ 詳細はこちら

内視鏡センターの3つの特長

1早期発見

上部・下部内視鏡検査を用いて、胃癌、大腸癌の早期発見を心がけています。内視鏡検査にて疑わしい病変があれば、生検組織検査を行い、当院病理診断科とともに迅速に病理診断を含めた最終診断を行います。

2連携診療

内視鏡センターは、専門外来は将来的に行う予定ですが、原則として検査だけのセンターであり、近隣の先生方および当院の内科、外科と連携にて診療を行っています。

3患者さんと対話

もっぱら内視鏡検査に頼っていた胆管や膵管の診断をMRIを用いた方法によって行っています(精密MRCP検査)。ドイツ・ハンブルグ大学との共同開発によるこの新しい検査法は、患者さんは安静にしているだけで、胆管・膵管の精密な三次元画像を得ることができます。消化器診療に精通した内視鏡専門医が診断を行うことで治療と有機的に結びつけた医療に役立てています。

主な診療内容について

早期食道癌、早期胃癌これまでも早期食道癌・胃癌に対して積極的に内視鏡的切除術(EMR)を行ってまいりましたが近年新しい手技である切開・剥離法(ESD)も取り入れ、より大きな病変に対しても切除可能になっております。
ヘリコバクターピロリ感染症ヘリコバクターピロリ感染症には、萎縮性胃炎、胃ポリープ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍が関連しています。インフォームドコンセントを行い胃炎・胃ポリープなどに診断治療を行い、良好な結果が得られています。また近年、抗菌剤に耐性を示すピロリ菌が増加し、除菌不成功となることが多くなっております。
大腸ポリープ、大腸癌近年大腸ポリープ、大腸癌が増加しております。内視鏡センターにおきましても積極的に早期発見さらに内視鏡的切除を行っております。病変は小さい場合は外来にて行い、大きい場合は入院にて行っております。

基本情報

診療受付時間午前〔平日、第1・3・5土曜日〕:
    8:20~12:00
午後〔平日〕:
    13:00~16:30
土曜日(第2、4を除く):
    8:20~12:00
場所

4階案内図

Page Top