東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

眼科

【現在 当院では外来診療を制限しております】

詳しくはこちらをクリックしてください。

眼科からのお知らせ

【目の病気の質問箱について】

眼科疾患の一般的なQ&Aを解説いたしました。詳しくはこちら

眼科の3つの特長

1あらゆる眼疾患の診断と治療

一口に目の病気といっても実にたくさんの種類がありますが、ほぼ全てに対して経験豊富なスタッフが診断と治療にあたっています。

2最新の眼科検査器

眼疾患の診断に必要な最新の検査器を導入、実施し、治療に役立てています。

3必要に応じ、迅速に入院、治療

治療に緊急を要する疾患に対しては24時間体制で入院、治療(手術を含む)を行っています。

主な診療内容について

ぶどう膜炎ベーチェット病、サルコイドーシス、Vogt-小柳-原田病、桐沢型ぶどう膜炎などに対し、迅速かつ正確な診断を行っています。診断の確定後は、最新の治療を提供するよう心掛けています。
網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑疾患網膜硝子体疾患に対する年間手術件数は943症例です。糖尿病網膜症や増殖硝子体網膜症に代表される難治性網膜剥離症例に加え、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑浮腫、加齢黄斑変性等の黄斑部手術が過半数をしめています。白内障硝子体同時手術も積極的に行っており、アトピー性皮膚炎に合併した白内障や網膜剥離の手術経験も豊富です。また、外来治療として黄斑疾患に対する光線力学的療法(PDT)や生物製剤(抗VEGE抗体)による治療を多数行っています。
眼腫瘍眼瞼腫瘍や眼窩腫瘍に対して数多くの手術治療を行っています。眼内悪性腫瘍については最新の技術を駆使して診断を行っています。病例によっては腫瘍のみを切除して眼球を温存する方法で手術を行っています。

受診案内

※医療機関の先生方へ
2012年5月1日より、眼科 後藤 浩 主任教授の外来への患者紹介、とくに遠方や都内の基幹病院(大学病院等)からのご紹介については、予約制にさせていただくこととなりました。当院の総合相談・支援センターへの予約をよろしくお願いいたします。

初診の方

眼科の診療は科内検査が多いため時間がかかることをあらかじめご了承ください。午前中の初診受付は8時00分から11時です。紹介状をお持ちの方は、初診受付へ提出してください。網膜剥離や緑内障などの救急疾患の場合は、ご紹介の先生以外の曜日であっても早めに受診してください。

再来の方

原則として予約制で午前中の診察となります。受診時に次の診察の予約を取るか、月~金の午前9時から午後4時の間に電話で予約してください。6ヶ月以上受診されていない方は、予約が取れない場合もございます。午後は専門外来のみです。

その他

眼科の病床数は50床近くあり、月曜から金曜日まで毎日手術を行っていますが、入院待機患者さんが多いと入院予約をなされても、少しお待ちいただく場合があります。ただし、緊急を要する疾患については即日入院も可能です。

基本情報

診療受付時間午前〔平日、第1・3・5土曜日〕:
    8:00 ~ 11:00
午後〔平日〕:
    13:00 ~ 14:30
(※午後の専門外来は13:30から診察開始)
場所

3階案内図

Page Top