東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

聴覚・人工内耳センター

印刷する

聴覚・人工内耳センターの特長

聴覚障害でお悩みの方々の相談・治療を行なっています

  1. 1)生まれたお子様が、新生児聴覚スクリーニング検査などで、難聴の可能性がある。
    または検査が必要であるとご説明を受けた方。
  2. 2)お子様に難聴があり、治療、療育、教育などにお悩みのある方。
  3. 3)補聴器がうまく合わず悩んでいる方。
  4. 4)人工内耳をつけているが、治療、療育、教育などにお悩みのある方。
  5. 5)その他聴覚障害、補聴器装用者、人工内耳装用者の方で受診を希望される方。

主な診療内容について

補聴器と人工内耳の最先端の研究を行っています。

補聴器本邦で初めてプログラマブル補聴器の臨床研究を行ったり、 常に世界的に最新の補聴器の臨床研究を行っております。試聴をご希望の方は、受診ください。
人工内耳1985年本邦で他チャンネル型の人工内耳を臨床応用して以来、 2008年4月までに430例(小児175例)の症例をもち、常に本邦における最先端の医療を行っています。 幼小児難聴の療育など新生児聴覚スクリーニングなどで早期に難聴が発見されたお子様へのケアとして、補聴器装用、聴覚訓練、言語訓練、療育などを訓練施設と連携して行います。

受診案内

対象となる方

  1. 1)新生児聴覚スクリーニングにてreferであったお子様
  2. 2)難聴(聴覚障害)でお困りの方
  3. 3)補聴器装用の方
  4. 4)補聴器装用の適応がある方、またはその可能性がある方
  5. 5)人工内耳装用者(既に人工内耳埋め込み術を受けられた方)
  6. 6)人工内耳埋め込み術の適応、またはその可能性のある方
  7. 7)その他

注意

上記にて当センターを受診された方で、下記の疾患など通常の耳鼻咽喉科・頭頸部外科での医療が適切と思われる場合には耳鼻咽喉科・頭頸部外科にて医療にあたることがありますので、ご了承ください。

除外される方または病状

  1. 1)突発性難聴、外リンパ瘻など急性期治療を要する疾患
  2. 2)慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎など手術対象となる疾患
  3. 3)その他

受付時間

初診受付 月、金 午前8:30~11:00
再診受付 月~金 午前9:00~11:00 午後1:00~ 4:00

尚、病院の休診日である土曜日(第2、4)、日曜日、祝日、4月第3土曜日(大学創立記念日代替日)の診察はありません。

初診は、耳鼻咽喉科・頭頸部外科外来での受付、診察となります。予約をご希望の方は、当センターまでメールまたはFAXをくださいますようお願いいたします。

HP : http://www.acictmu.jp
Mail : acic@tokyo-med.ac.jp
FAX : 03-(5339)3797

ご協力のお願い

当センターは、聴覚障害者に関するオープン型の医療システム構築を目指しております。当センターの活動に関心のある方(医療関係の有無は問いません)のご意見やご協力を広く求めております。
聴覚障害、乳幼児聴覚障害、補聴器の装用、人工内耳医療・療育など当センターの活動に関心のある方、補聴器装用者(最新の補聴器の試聴など希望される方)人工内耳装用者その他、当センターの活動に関心のある方

Page Top