東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

総合診療科

総合診療科の3つの特長

1ニーズに対応した基本的な医療を

受診される方、おひとりおひとりのニーズに対応した基本的な医療を、専門各科と連携しながら幅広く提供することが、総合診療科の目標です。

2紹介状をお持ちでない患者さんを担当します

専門各科宛の紹介状のない、どの科を受診していいかわからない方(15歳以上75歳未満)を担当し、必要に応じて専門各科に相談あるいは紹介します。
※ただし、他院通院中の患者さんは診療情報提供書を持参し、来院ください。

3ご質問にお答えします

「診断がついていない」「いろいろな病気が絡み合っているようだ」「症状があるのに異常が見つからない」といった場合にも御相談ください。

主な診療内容について

発熱長く続く微熱や原因のはっきりしない発熱は、色々な原因が疑われます。診療しながら経過を見ることで、診断が明らかになることもあります。
体重減少、体重増加体重の変化には、病気や食生活、そして心理状態や生活習慣などが関係しています。面接と診察をもとに色々な原因を検討し、適切な検査や治療を行います。病状が明らかになれば、必要に応じて専門各科に紹介します。
健康相談軽い症状だけれども重い病気が隠れているのではないか、とか、体調が悪いと感じているのに病気が見つからない、といった場合に御相談ください。

受診案内

ご案内

病院を受診する患者さん、おひとりおひとりのニーズに対応した基本的な医療を、専門各科と連携しながら提供することが総合診療科の目標です。また、そのような診療を担うことのできる医療者を養成することも目指しています。
総合診療科では、専門各科宛の紹介状を持たない成人の初診患者さんで、どの科を受診していいかわからない方(15歳以上75歳未満)を担当し、必要に応じて専門各科に相談(コンサルテーション)します。軽症の場合は、患者さんや専門各科と相談して、かかりつけ医にご紹介したり、引き続き総合診療科外来で診療を継続することもあります。

具体的には、以下のような患者さんを診療します。
 ・診断がついていない
 ・急性で軽症(かぜ症候群、軽度の腹痛など)
 ・いろいろな病気が複雑に絡み合っているようだ
 ・健診で異常が出たがどの科に行けばよいかわからない
 ・他院、他科で診断がつかない
研修医の外来研修は必ず指導医が外来にいてすべての症例を指導します。気になる症例は毎日夕方に検討会でチェックします。

注意

初めて受診される方は、どの曜日でもかまいませんが、診療受付時間帯の中でも早めに受診していただくと、その日のうちに緊急検査の結果を確認したり、他科に紹介したりしやすくなります。
診療受付時間は、平日の午前診が午前8時00分から午前11時まで、午後診が午前11時から午後2時30分まで、土曜日(第2、4を除く)は午前診だけで午前8時00分から午前11時までです。
※ただし、他院通院中の患者さんは診療情報提供書を持参し、来院ください。

基本情報

診療受付時間午前〔平日、第1・3・5土曜日〕:
    8:00 ~ 11:00
午後〔平日〕:
    13:00 ~ 14:30
場所

1階案内図

Page Top