東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

脳卒中センター

東京医科大学病院では、脳卒中・脳血管障害を専門的に治療しております。脳卒中に関連する4診療科(救命救急センター・脳神経外科・脳神経内科・高齢診療科)が連携し、あらゆるタイプの脳血管障害に迅速に対応する体制を整えております。4診療科は1つのチーム(脳卒中センター)として定期的に合同会議を行い、脳卒中患者の情報を共有して総合的に治療にあたっております。

脳卒中センターの特徴

脳卒中は急激な脳血管障害の総称で、虚血病変として脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)、出血病変として脳出血、くも膜下出血があります。いずれにしても初期の対応でその予後(病気の経過)が大きく変わります。当院では適切かつ高度で迅速な診療が必要な超急性期・急性期の脳血管障害の診療を、救命救急センター・脳神経外科・高齢診療科・脳神経内科が連携しながら対応します。

診療内容

発症後4.5時間以内の超急性期脳梗塞に対しては、アルテプラーゼ静脈注射(rt-PA)による血栓溶解療法を実施し良好な成績を得ています。クモ膜下出血(特に破裂脳動脈瘤によるもの)には従来の開頭術によるネッククリッピング術ばかりでなく、動脈瘤をコイルにより血管内から塞栓する血管内治療を専門的に行っています。症例ごとに最適な方法を選択して治療を行っています。また脳出血に対する神経内視鏡手術や、動静脈奇形に対する定位的放射線療法などを積極的に取り入れ実践しています。

診療体制

教授陣

脳卒中に関わる4科のカンファレンス
定期的に脳卒中に関連する4診療科で脳卒中センター会議を行い、治療方針を確認しています。

受診案内

患者さんへ

発症24時間以内の脳卒中を受け入れております。「かかりつけ」などの理由で当センター受診を希望される患者さんは、東京都脳卒中救急搬送体制(119番)をご利用ください。

ご紹介医の先生方へ

発症24時間以内の脳卒中が疑われる症例を受け入れております。新宿区・中野区・杉並区(区西部医療圏)の先生方は、東京都脳卒中救急搬送体制をご利用ください。
尚、重症患者対応中やベッド満床などで対応出来ない場合がありますので、予めご了承ください。

東京医科大学病院 脳卒中センター
センター長 河野道宏
副センター長 相澤仁志
副センター長 羽生春夫

Page Top