東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

レーザー治療センター

印刷する

レーザー治療センターの3つの特長

1患者さんにやさしいレーザー治療を提供します

中心型早期肺がんに対して、光線力学的治療法(Photodynamic therapy: PDT)は、「切らずに治す、低侵襲、かつ効果的な治療法」で、いまや世界中で行われています。いわゆる「焼くレーザー治療」ではなく、光感受性物質と低出力レーザーの「光線力学的反応」により「がん細胞を殺してしまう治療」で、臓器温存、QOLを損ねることのない治療方法です。当施設は、世界ではじめて肺がんに対するPDTを開発し、過去20年以上にわたり世界でリーダーシップをとっており最も治療件数が多い病院です。

2エビデンスにもとづいたレーザー医療を提供します

中心型早期肺がんに対するPDTは、「肺癌治療ガイドライン」において「推奨される」治療法で、保険適応もされています。また、米国国立がん研究所(NCI)でも、「Recommend(推奨)」される治療法として取り扱われています。最先端のレーザー機器を使用し、診断、治療も行い、患者さんのためのよりよいレーザー医療の提供に心がけております。

3患者さんに安全なレーザー治療を提供します

当施設は日本レーザー医学会指導施設として認定されており、日本レーザー医学会レーザー専門医、指導医による安全で事故のないレーザー治療につとめています。最先端のレーザー医療を患者さんのさまざまな病状に応じて、的確かつ効果的に行っています。

主な診療内容について

中心型早期肺がん中心型肺がん(気管支鏡で病巣を観察することができる太い気管支に発生する肺がん)で、大きさが1cm以下の場合には、光線力学的治療法(PDT)が適応になります。このタイプの肺がんは、「ヘビースモーカー」の方に多く発生し、胸部CTやレントゲンなどでは発見することが不可能で、喀痰の検査により発見されることが多いです。PDTは、いわゆる「がんを焼く」のではなく、「がんに集積する性質のある光感受性物質と低出力レーザーによる光線力学反応を利用した治療法」です。そのため、がん病巣を選択的にレーザー治療することができます。肺がん病巣が1cm以下の場合、95%以上の確立で完全治癒が得られます。副作用は、日光過敏症(日焼け)があげられますが、光感受性物質の改良により約1週間の遮光で済むようになりました。

受診案内

注意

当センターでは直接の受診はお受けしておりません。
レーザー治療を希望される場合は、主治医又は疾患領域の診療科担当医にご相談下さい。

Page Top