東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

中央検査部

検査内容

血液検査

 血液中に含まれる、赤血球・白血球・血小板数や細胞の形態を調べる末梢血液検査、出血があった時に、止血機能が正しく働くかを調べる凝固検査、そして、細胞中の染色体の形状から先天性異常を調べる染色体検査があります。これらの検査は、病態把握に不可欠な検査で診断・治療・予後の判定に活用されています。

生化学検査

 血液や尿などに含まれている様々な成分(蛋白質・糖質・脂質・電解質・酵素・腫瘍マーカー・ホルモン・薬物など)を科学的に測定しています。検査項目を複数組み合わせることで、肝・胆道機能、膵機能、腎機能、甲状腺機能、脂質代謝、糖尿病関連、炎症など身体の中の状態を把握することができます。

一般検査

 蛋白・糖・潜血反応などを測定する尿定性検査と、尿中の有形成分の有無を顕微鏡下で観察する尿沈渣を行っています。糖尿病、腎臓病、尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)の機能を把握する検査です。また、免疫学的反応を利用して便中の潜血反応を測定します。下部消化管出血の有無が判定できます。

微生物検査

 食中毒、敗血症、結核、インフルエンザ等の感染症を起こす病原菌を血液・尿・喀痰などから分離培養、菌種同定して、病原菌にどのような抗菌薬が有効であるかを検査します。

免疫血清検査

 抗原抗体反応を利用して、細菌・ウイルス感染の有無や免疫機能の状態を検査しています。肝炎、梅毒等の感染症、身体の中で抗体として働く免疫グロブリン、抗体に結合して働きを助ける役目の補体の量、そして、炎症・栄養・腎機能の指標となる特定の蛋白質を検査しています。

緊急検査

 緊急に検査が必要な場合に、迅速に処理し速やかに結果を報告します。血液学検査、生化学検査、免疫学検査、凝固系検査、血液ガス分析などを、微量でも可能な限り測定できる機種を備えて、24時間365日毎日対応しています。また、災害時の迅速検査体制の整備を検討しています。

生理機能検査

 心電図・脈波・脳波・呼吸機能・超音波検査など、身体の内部や表面から発生する電気的・機械的変化を診ることで、身体の状態を検査します。身体に検査装置を装着しますが、決して危険な検査ではありません。安心・安全・快適に検査を受けていただけるよう、スタッフ一人ひとりが努めています。また、夜間の睡眠時無呼吸検査も行っています。

採血

 主治医の指示により血液検査を目的とした採血を行います。スタッフ一人ひとりが患者さんの立場で考え、明るい笑顔で優しく対応し、快適で安全に採血を受けていただけるように努めています。採血後は止血をすることが重要です。しっかりと止血をしていただくための止血ブース(止血専用席)を設置しています。

遺伝子検査

 血液や喀痰などの検査材料から感染症に特徴的な塩基配列(遺伝子配列)を検出することで、どのような病原微生物に感染しているか特定できます。遺伝子の種類や量を調べることで、感染症の程度や治療効果を判断できます。

患者検査相談窓口

 臨床検査は、患者さんの血液・尿・便などを用いて検査を行う検体検査部門と、患者さんの身体を直接調べて異常を電気的や機械的な方法での計測で調べる生理学的検査があります。検査の目的や内容においての疑問や不安を抱かれた場合に、担当スタッフが直接面談形式にてご相談をお受けいたします。

Page Top