東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

お知らせ

印刷する

大学病院として初の海外渡航者向け診療科
「渡航者医療センター」を開設

2010.10.15

報道関係者各位

ニュースリリース

2010年10月15日

大学病院として初の海外渡航者向け診療科

「渡航者医療センター」を開設

 東京医科大学病院は、海外渡航者(海外勤務者、海外旅行者、留学生)の健康問題を専門に扱う診療科「渡航者医療センター」の本格稼動を2010年10月から開始しました。日本の大学病院としては最初の海外渡航者向けの診療科となります。

 近年は様々な分野でグローバル化が進み、日本人の海外渡航者数が飛躍的に増加しています。そのため、海外滞在中に感染症、高山病、生活習慣病などの健康問題をおこす事例も数多く発生しています。こうした海外渡航者の健康問題の対応については、従来から労働者健康福祉機構の海外勤務健康管理センター(新横浜)が中枢的な役割を担ってきましたが、行政改革の一環として、今年の3月に閉鎖されました。

 これに代わる海外渡航者の医療拠点として、東京医科大学病院は「渡航者医療センター」を立ち上げました。大学病院という総合的な医療環境のもと、渡航医学のエキスパートが、感染症や高山病に関する健康指導、ワクチンの接種、健康診断などの予防対策を提供します。さらに、海外滞在中の医療相談や帰国後の診療にも応ずる予定です。スタッフは濱田篤郎教授(前海外勤務健康管理センター所長代理)はじめ、日本小児科学会専門医の福島慎二医師、日本登山学会理事の増山茂医師など、日本を代表する渡航医学の専門家が担当します。

 東京医科大学病院は新宿副都心の中心に位置しており、東京都パスポートセンターにも隣接しています。近隣には大企業のオフィースも多数あり、一般旅行者にとっても、海外勤務者にとっても利便性が高い施設と言えます。

東京医科大学病院・渡航者医療センターの概要
 
■診療の特色

渡航者医療センターの診療の特色は以下の通りです。
1.専門的な診療
   日本の大学病院として最初のトラベルクリニックで、最先端の医学情報をもとに、
   渡航医学の専門医が診療を行う。
2.総合的な診療
   内科、小児科、感染症、高山病などの分野の専門医が在籍しており、総合的な診療にあたる。
   小児については小児科の専門医が対応。
3.滞在中や帰国後の健康問題も対応
   海外滞在中の医療相談や帰国後に体調を崩した方の診療を行う。

■診療内容

1.海外渡航にあたっての予防接種、薬剤処方
   渡航先に応じたワクチンの接種を渡航医学の専門医が担当する。国内承認ワクチンはもちろん、
   輸入ワクチンも各種取りそろえる。(現在、合計5種類)
2.持病・生活習慣病相談
   持病のある方、生活習慣病にかかっている方に、海外滞在中の生活指導や現地医療機関
   の紹介を行う。
3.こども健康相談
   海外滞在中に健康面で不安のある小児について、小児科専門医が現地での健康相談
   に応じる。
4 海外健康診断
   海外赴任、留学、小児の渡航のための健康診断や健康診断書の作成を行う。
5.英文予防接種証明書の作成
   海外渡航する小児のため、英文の予防接種証明書を作成します。
6.海外派遣企業からのコンサルト・研修の受託
   労働衛生コンサルタントや日本医師会認定産業医を対象に、海外勤務者の健康管理に
   関する相談に応じる。
   研修会などの講演も行う。
7.登山者・高山病外来
   登山医学の専門家が、高地に滞在する渡航者の健診や予防薬の投与などを行う。

■診療時間

  月曜~金曜 : 午前9時~12時、午後1時半~4時半
  土曜日(奇数週): 午前9時~12時
  詳細はHPを参照ください。 http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/tokou/

濱田篤郎 (はまだ あつお) 略歴
 1981年に東京慈恵会医科大学卒業後、米国ケースウエスタン・リザーブ大学に留学し感染症、渡航医学を修得する。帰国後に東京慈恵会医科大学・熱帯医学教室講師を経て、2004年より海外勤務健康管理センターの所長代理。新型インフルエンザやマラリアなど海外の感染症対策事業を運営してきた。外務省の新型インフルエンザ対策・医療専門家委員も務め、2010年7月より東京医科大学病院・渡航者医療センター長として海外渡航者の診療にあたっている。日本渡航医学会理事、日本臨床寄生虫学会理事、海外医療支援協会理事、を兼任。
 著書に「旅と病の三千年史」(文春新書)、「疫病は警告する」(洋泉社新書)、「世界一病気に狙われている日本人」(講談社α新書)、「歴史を変えた旅と病」(講談社α文庫)、「新型インフルエンザ『かかる前に』『かかってから』」(講談社α新書)「新疫病流行記」(バジリコ)など。

本件に関するお問い合わせ先

東京医科大学病院
企画広報室

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
TEL:03-3342-6111(代) 
内線 2022、2063
FAX:03-5339-3135
URL:http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/

お問い合わせ・取材申し込みはこちら
Get ADOBE READERPDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。無料でダウンロードできます。

一覧へ戻る

Page Top