手術支援ロボット「ダヴィンチ」徹底解剖

消化器外科

消化器外科・小児外科

従来の内視鏡下手術では困難な
消化管手術を可能にするロボット支援手術

永川 裕一 主任教授

消化器外科では2010年に直腸がんと食道がん、2014年より膵・胆道分野でロボット支援手術を行っています。それぞれの手術で積極的に内視鏡下手術を行ってきましたが、ロボット支援手術で特徴である拡大してみることができる効果、自由度の高い多関節機能により、より安全な手術の確立が期待できます。

当分野行っている手術術式
食道癌
良性・低悪性度膵腫瘍,膵癌,
胆管癌,十二指腸乳頭部癌
大腸癌(結腸癌,直腸癌)
先天性胆道拡張症・膵胆管合流異常

対応疾患

食道がん、胃がん、膵臓がん、直腸がん

ロボット支援手術について

現在当院では最新式のロボット が2台稼働しております。
ロボットは1990年代に米国で開発され1999年より臨床用機器として販売されており、日本では2006年に当院が初めて導入しました。1から2 cm の小さな創より内視鏡カメラとロボットアームを挿入し高度な内視鏡手術を行います。術者は術野から離れた場所にあるサージョンコンソールにて、3Dモニター画面を見ながらあたかも術野に手を入れているようにロボットアームを操作して手術を行います。

食道がん手術での取り組み

ロボット支援手術の機能上の利点として、高解像度3D画像による立体視認性の向上、多関節機能、手振れ防止機能、モーションスケール機能が挙げられ、食道癌手術はそれらの利点がより活かされる術式であると言えます。胸部操作は腹部操作とは異なり、骨性胸郭により広い術野が得にくく、また術者の鉗子操作にも制限が加わる中、ロボット支援手術では術者の鉗子操作性の改善により精巧な手術が可能となり、術中・術後の合併症の軽減が可能となります。特に術後の反回神経麻痺の軽減が可能となりました。拡大して見ることのできる効果によりリンパ節を十分取ることが可能で、出血量も鏡視下手術より少なくなり、結果的に在院日数の短縮に繋がりました。

膵臓・胆道手術での取り組み

膵臓・胆道の手術では、膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術、膵腫瘍核出術において2020年にロボット支援膵切除術が保険収載され、本術式を導入する施設が増えております。当院では肝胆膵外科手術および内視鏡・ロボット手術の熟練したエキスパートにより本手術を行っておりロボット支援下膵切除術(膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術)は日本トップクラスの技術と手術件数を誇っております。当グループは、インテュイティブサージカル社認定ロボット手術見学メンターサイト(手術見学施設))に認定されており、多くの施設から手術見学を受け入れております。

また、膵・胆管合流異常に伴う先天性胆道拡張症に対して全国に先駆け東京医科大学病院倫理審査委員会承認のもと病院費を用い、ロボット支援下先天性胆道拡張症手術を行っております。

直腸がん手術での取り組み

当院では本邦で最も早い次期である2010年に大腸がんに対するロボット支援手術を開始しました。ロボット支援直腸がん手術は2018年4月より日本国内で保険適応対象となったため、現在当院では直腸がん手術の第一選択として多くの症例に対して行っています

直腸がん手術は骨盤に囲まれた狭い場所にあり、膀胱・前立腺・子宮などの重要な臓器が存在するためこれらを温存することが重要です。ロボット支援手術は狭い空間での手術を得意としているため狭い骨盤に存在する直腸がん手術に適しています。さらに周囲には排尿機能や性機能を司る自立神経が集まっており、これらを傷つけると手術後の後遺障害が重くなるため大腸がんの中でも特に難しい手術とされています。ダヴィンチ用いた直腸がん手術は開腹手術や腹腔鏡手術よりもより繊細なため排尿機能や性機能を温存できる可能性が高くなるといわれています。


(2022年5月更新)