手術支援ロボット「ダヴィンチ」徹底解剖

インストゥルメント(鉗子)と内視鏡カメラを装備した手術装置 ペイシェントカート

「ダヴィンチ」の機能
  • サージョンコンソール
  • マスターコントローラ
  • フィルター機能(手ぶれ補正)
  • モーションスケール
  • ステレオビューワ
  • ズーム機能
  • サイドポッド(操作パネル)
  • フットスイッチパネル
  • ペイシェントカート
  • インストゥルメント
  • 3D内視鏡
  • ビジョンカート

「ダヴィンチ」手術を希望される皆さまへ

3本のアームと内視鏡を操り術者の手となって手術を執刀する

ペイシェントカート

ペイシェントカート本体は、3本の鉗子を取り付けるアームとセンターの内視鏡カメラを取り付けるアームからなります。マスターコントローラからの指示を受けて、患部に挿入されたアームや先端の鉗子が動いて手術を行います。鉗子の交換は、術者(助手)によってスムーズに行うことができます。手術を行う際には、衛生面にも十分に気を配り、インストゥルメントアーム、カメラアームは、滅菌ドレープをかぶせて清潔域内で使用できる状態にします。また本体の底にはモータードライブを装備しており、少ない力でもカートを移動させることができます。

  • ペイシェントカート
  • インストゥルメント
  • 3D内視鏡

「滅菌ドレープ」装着で衛生面を整えての手術

「滅菌ドレープ」装着で衛生面を整えての手術

  • 医師は座った姿勢で手術に執刀

    ペイシェントカートから伸びるアームが直接患者さんの体内に挿入され、手術が行われる

ページのトップへ