手術支援ロボット「ダヴィンチ」徹底解剖

泌尿器科

診療科の取り組み
  • 泌尿器科
  • 産科・婦人科
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

「ダヴィンチ」手術を希望される皆さまへ

泌尿器科 「ダヴィンチ」手術は前立腺がんの標準的な治療になりました。当院泌尿器科では日本でいち早く「ダヴィンチ」手術を取り入れ、2012年4月の保険適用後も日本のリーダーとして多くの患者さんに貢献しています。また、膀胱がんに対する膀胱全摘や腎臓がんに対する腎部分切除術のロボット手術にも積極的に取り組んでいます。 大野 芳正 主任教授

「ダヴィンチ」によるロボット支援手術は前立腺がんと腎部分切除術で標準的な治療となりました。

当院泌尿器科は日本でいち早く「ダヴィンチ」手術を取り入れ、前立腺がんの多くの症例を積み重ねてきました(図)。また、2016年の保険収載以来、腎がんに対する腎部分切除術も着実に増えています。2018年4月に保険収載された膀胱全摘手術に関しては準備中です。

前立腺全摘除術に占める「ダヴィンチ」手術実施件数の推移

 

ロボット支援手術は患者さんの負担を減らし機能を温存できる

ロボット支援手術は特殊な鉗子をお腹に入れ、視野を10倍以上に拡大し、3D立体画像を見ながら、同じ手術室内の少し離れたところから遠隔操作で手術をします。良好な視野のもと、震えのなく微細な動きができる鉗子の操作が可能となったため、開腹手術と比較し以下のような利点があります。

  1. 腹部の傷が小さく痛みも少ない。
  2. 出血が少ない(輸血率は1%以下)。
  3. 手術後の尿失禁の回復が早い(前立腺の場合)。
  4. 手術後の性機能障害からの回復が早い(前立腺の場合)。
  5. がんの治療成績は開腹手術と比較し遜色がない。

 

ロボット支援前立腺全摘術の概要

入院期間: 約2週間
麻酔方法: 全身麻酔
手術時間: 2-4時間
手術創: お臍の上に3cm穴をあけ、カメラを入れます。その他に計5カ所の小さい穴(5-12mm)をあけます。手術の最後にお臍の上の穴から前立腺を取り出します。
術者が特殊な鉗子3本、助手が1本を使用します。

手術の流れ

前立腺全摘除術の場合

全身麻酔で行います。腹部(おへそ)のあたりから鉗子類を6カ所の穴から挿入して恥骨の裏側から前立腺をすべて摘出して、穴を縫合します。

手術時間は2時間から2時間半程度

腹部に鉗子類を挿入する箇所

腹部
フロー

 

 

手術後の状態

  • 尿道に管が入りますが手術後7日目に管を抜き,排尿状態を確認します。
  • 手術翌日から歩行します。
  • 手術後、3-4日はベッドから起き上がるときに軽度の痛みがあります。適宜、鎮痛剤を使用します。
  • 尿道の管を抜いて3-4日後に退院となり、2、3週間後に外来で病理結果を説明します。その後は数ヶ月ごとに血液のPSAなどで経過をみます。


(2018年10月更新)

ページのトップへ