肝がんの基礎知識

印刷用PDF
1

肝がんとは?

 肝臓にできるがんには、肝細胞ががん化したものと、肝臓内にある胆管の細胞ががん化したものとがあります。肝がんのほとんどが肝細胞がんなので、ここでは肝細胞がんについて述べます。

2

原因

 肝臓の病気の中で、肝がんの危険性が特に高いのは、C型やB型のウイルス性肝炎や肝硬変がある人です。そのほか、高齢者、男性、糖尿病の人、お酒をよく飲む人、肥満の人、AST・ALT値の高い人、血小板数の少ない人なども、危険性が高くなっています。これらに該当する人は定期的な肝がん検査が必要です。

3

症状

 肝がんは自覚症状がほとんどないまま進行します。原因となる肝炎も肝硬変も自覚症状がないため、大きくなったがんのために痛みが生じて受診した時には、すでに末期の状態まで進行していることが少なくありません。

4

患者数

 日本人のがんの死因は、1位から、肺がん、大腸がん、胃がん、すい臓がんと続き、5位に肝がんが入っています。かつては4位でしたが、治療法が進歩したことで5位に下がりました。(厚生労働省大臣官房統計情報部(編):平成29年(2017年)人口動態統計.厚生労働省,2018)
 日本の場合、肝がんの原因のほとんどがウイルス性肝炎だという特徴があります。特に2000年頃までは、C型肝炎が75%、B型肝炎が15%程度と、両方で90%以上を占めていました。しかし近年は、ウイルス性肝炎の治療法の進歩により、他の原因による肝がんが増えてきています。

最終更新日:2020年9月30日