舌がんの基礎知識

印刷用PDF
1

舌がんとは?

口の中にできたがんのことを、総じて口腔がんといいますが、舌がんとは一般的に、舌の前方2/3(口を大きく開けたときに見える範囲)に生じたがんのことを指します。口腔がんの中では約60%が舌がんと言われています。男女比は約3:2と男性に多く、発症年齢は60代に最も多いとされていますが、20~30代の若年者にも時々見られますので、注意が必要です。舌は、味を感じたり、食べ物をのどに送り込んだり、さらには人と会話したりといった、我々が生きていくうえでもっとも大切な「摂食・嚥下」や「構音」といった機能に大きくかかわります。したがって、質の高い生活を生涯にわたって送るためには、早期発見が重要です。舌は自分で鏡を用いて見ることができるため、一般的には比較的早期に発見されることが多いとされていますが、一方では進行した状態で受診される方もいらっしゃいます。早い段階からリンパ節への転移をきたし、きわめて急速に進行するケースもありますので、2週間を経過しても治らない口内炎や、口内炎の周囲に硬いできものが触れる場合は、速やかに医療機関(かかりつけの歯科医院や耳鼻咽喉科)を受診されることをお勧めします。

2

原因

現在のところ、舌がんのはっきりとした原因は明らかではありませんが、危険因子として喫煙や飲酒による化学的な慢性刺激に加えて、虫歯や合わない詰め物、極端に傾いた歯などによる機械的な慢性刺激、さらには口の中の不衛生な状態などが挙げられます。また口の中にできる粘膜病変が経年により癌化することもあります。特に、白板症や紅板症は10%程度の癌化率を有しているとされ、潜在的悪性腫瘍として慎重な経過観察が推奨されています。

3

症状

舌がんは舌の先端や中央部にできることはまれで、多くは側面(側縁部といいます)に生じます。早期では触ってもわからないことや、痛みがない場合もあります。たまたま受診した歯科医院で指摘されて見つかることも少なくありません。進行に伴って周囲が固くなり(硬結といいます)潰瘍(えぐれた感じ)になったり、時には外側に膨らんできて、持続する痛みや出血を生じるようになります。
特に下記のような症状がある場合、かかりつけの歯科医院や耳鼻咽喉科に相談することをお勧めします。

〇舌に腫れや痛み、しこりがある
〇口内炎が2週間以上経過しても治らない
〇舌に白斑、または紅斑がある
〇舌の側縁に虫歯の詰め物や入れ歯が当たってこすれている

潰瘍を伴い内側にえぐれて大きくなるタイプ(内向型)
潰瘍を伴い内側にえぐれて大きくなるタイプ(内向型)
外側に大きくなるタイプ(外向型)
外側に大きくなるタイプ(外向型)
白板症が癌化したタイプ
白板症が癌化したタイプ
潰瘍やびらんがないため口内炎と思われていたケース
潰瘍やびらんがないため口内炎と思われていたケース
4

患者数

口腔がんの患者数はわが国において増加傾向にあり、毎年3000人を超える方が口腔がんによって命を落としています。少し古いデータですが、2005年における口腔がんの患者数は7000人にも上ります。(データ出典元:口腔癌診療ガイドライン 2013年版 金原出版株式会社)

最終更新日:2019年12月26日