胃がんの基礎知識

印刷用PDF
1

胃がんとは?

胃は食道から続いている臓器で、食物を一時的に貯留し殺菌消化する役割を果たしています。大きさは含まれた内容量によって変化しますが、最大内容量は1,200~1,600mlになります。胃には各部分にそれぞれ名称がつけられています。

胃は内側から粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層、漿膜で構成されており、胃がんは胃の粘膜にできるがんのことです。粘膜から粘膜下層までにとどまっているがんを早期胃がんと呼び、固有筋層より深い層まで浸潤したがんを進行胃がんと呼びます。早期発見をすることにより多くの場合治癒できます。

2

原因

胃がんの発生のリスクとして、ピロリ菌が一つの要因です。ピロリ菌に関しては最近では感染率が低下して、胃がんの発生率は減少しています。その他に胃がんのリスクとしては喫煙、ストレス、塩分、アルコール、刺激物などが原因になると考えられています。逆に胃がんを予防するものとして野菜、緑茶、冷蔵庫(冷蔵庫の普及により高塩分などの保存食の必要性が少なくなったため)などが考えられています。

3

症状

嘔吐、吐血、下血、食欲低下、体重減少などの症状が出現することがありますが、これらは胃がんに特徴的な症状ではありません。症状がなく健康診断で発見されることもあります。最近では検診として胃のバリウム検査ではなく、胃の内視鏡を行うことも多くなってきており、早期に発見されることも増えてきました。

4

患者数

胃がんは世界の中でも日本や韓国で多い病気です。日本国内では、東北地方の日本海側で高く、南九州、沖縄で低い傾向にあります。近年胃がんは減少傾向にありますが、依然として患者数の多い病気です。国立がん研究センターの発表では2014年の罹患数は男性が2位、女性が3位です。また、2016年の死亡数では減少傾向でありますが、男性が2位、女性が4位になっています。胃がんは、治療方法が確立されているため、全がん種内で占める死亡率の割合は低くなっています。

最終更新日:2020年3月23日