前立腺がんの基礎知識

印刷用PDF
1

前立腺がんとは?

前立腺は骨盤内にある臓器の一つで、恥骨の裏側に位置します。前立腺は精液の作り出しおよび分泌に関与する臓器であり生殖機能にとって重要な臓器です。この前立腺の上皮細胞ががん化し発症するのが前立腺がんです。
他の臓器のがんとは異なり、ゆっくりと進行するため、早期に発見できれば、他のがんに比べて治りやすいがんであるといえます。
現在、わが国において前立腺がんは増加傾向にあり、その進行度により様々な治療が行われています。前立腺がんは治療の必要のない早期がんから予後不良な進行がんまで存在し、その病期に応じた治療を選択することが重要です。

2

患者数

前立腺がんは世界的に、非常に罹患率の高いがんです。特に米国においては男性のがんの中で罹患数は第一位、死亡数は第二位と最も多いがんのひとつとなっています。日本においても前立腺がんは増加傾向にあり、男性のかかるがんのうち第一位の罹患数になると予測されています。前立腺がんの増加の原因としては以下のものが考えられています。

1高齢化社会

前立腺がんは主に60歳以上に多く見られ、80歳以上は半数以上に潜在的な前立腺がんが隠れているとされています。世界的に平均寿命が伸長傾向にあり、高齢化社会となっている現在、前立腺がんも増加傾向にあります。

2食生活の欧米化

食生活の欧米化に伴い、動物性脂肪の摂取量が増え、これらが前立腺がんの発症に関与しているのではないかといわれています。

3PSA検診の普及

米国では、1980年代後半からPSA検査の急速な普及により、前立腺がん罹患率の急上昇がみられるものの、1992年以降、がん発覚後すみやかに治療が行われることから死亡率低下が持続しています。日本においてもPSA検診普及率が徐々に上昇してきており、それに伴い前立腺がんが発見される機会が多くなったといえます。

3

症状

前立腺がんは早期の段階において症状を自覚することが少ない疾患ですが、進行すると排尿困難や血尿などの排尿症状を認めることがあります。さらに、進行した前立腺がんは骨に転移することが多く、その際に腰痛などの骨の痛みが出現することがあります。

最終更新日:2022年4月5日