乳がんの基礎知識

印刷用PDF
1

乳房の構造と乳がんの発生

乳房は、乳腺組織と、それを支える結合組織、脂肪組織などから構成されています。乳腺は、特殊な汗腺組織であり、乳汁を分泌するという働きを担っています。さらに、乳腺は、小葉と乳管から構成される「腺葉」が集まって構成されており、15-20の腺葉からできています。乳汁は小葉で産生され、乳管という通路を通って乳頭まで運ばれます。乳がんは、乳腺組織に発生し、そのうち95%は乳管に、5%は小葉に発生します。乳管内に発生する乳がんを乳管癌といい、小葉内に発生する乳がんを小葉癌といいます。乳腺があれば、乳房内のどこにでも乳がんは発生しますが、乳房の上外側が乳がんの好発部位で、乳がんの半分がここに発生します。

2

乳がんのリスク

乳がんの発生には、エストロゲンという女性ホルモンが関連しています。エストロゲンに暴露される機会が増える原因として、初潮が早い、閉経が遅い、出産・授乳経験がないことなどがあげられ、閉経後の女性ホルモン補充療法や経口避妊薬の使用もリスクとなります。そのほか、生活習慣に関しては、閉経後の肥満やアルコールなども乳がんのリスクとして知られており、逆に運動はリスクを低下させるといわれています。また、乳がんの家族歴や良性乳腺疾患の既往もリスクになります。

3

乳がんの自覚症状

乳がんの自覚症状として、乳房のしこり、乳頭からの血性(暗赤色)分泌、皮膚のひきつれ、えくぼのような皮膚のくぼみなどがあります。一方、乳房痛や乳房の張り感は良性の症状であることが大半です。乳がんでは自覚症状を伴わないことも多いため、定期的な検診受診が重要となります。

4

乳がんの統計

日本における最新がん統計では、女性におけるがん罹患率において乳がんは1位であり、がん死亡率は女性において5位となっています。女性における乳がんの累積罹患リスクは9%で、これは約11人に1人という計算になります。日本における乳がん好発年齢は40代後半~50代前半とされています。
(国立がん研究センターがん情報サービスにより引用)

最終更新日:2020年3月30日