東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

消化器内科

印刷する

専門外来 炎症性腸疾患外来(IBD外来)

炎症性腸疾患外来(IBD外来)開設にあたって

潰瘍性大腸炎(Ulcerative Colitis: UC)とクローン病(Crohn's Disease: CD)に代表される炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease: IBD)は腸管の免疫異常によって発症する慢性で難治性の疾患であり、多くは若年期に発症して再燃と寛解を繰り返します。近年、本邦でもIBDの患者数の増加は著しく、UC患者数は18万人、CD患者数は4万人を超え、世界有数のIBD罹患国となっています。同時に多くの薬剤が認可され、薬物治療の選択肢が増えてきました。その中で当院でも正しい医療情報を提供し、正しい治療が実施できる環境を整えるために専門外来を開設することになりました。

当院のIBD外来について

潰瘍性大腸炎やクローン病の治療を行うにあたり、最も大切なことは患者さんに自身の病気の状態を正しく理解していただき、主治医とその情報を共有することです。そのためには外来での細やかな情報共有が必要になります。そして病気の状態にあった治療法について、主治医と十分な相談ができる環境を整えることが重要と考えています。

実際、若年者から高齢者まで広い世代の患者さんがおり、長期的な通院を要することも多くなります。それぞれの生活環境や就学・就労状況、また女性であれば妊娠・出産などの大きなイベントを迎えることがあります。病気の状態と共に、環境ごとに適切な治療法を選択し、治療を行うことを心がけていきます。また病気の状態を知るうえでは内視鏡等の検査が必要となりますが、できる限り苦痛のない検査法を実践していますので、疑問や質問などがあれば、遠慮せずご相談ください。

対象となる方

  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 腸管の炎症を原因とする以下の疾患
    腸管ベーチェット病、単純性潰瘍、非特異性多発小腸潰瘍症、腸結核、
    その他原因不明の小腸・大腸の炎症、潰瘍がある患者さん

外来日:毎週火曜日午後

  • 初診の方は東京医科大学病院ホームページの「初めて受診される方へ」をご確認ください。
  • 紹介状をお持ちの方は事前予約も可能です。受付時間内に03-5339-3701にお掛けください。
  • 紹介状をお持ちの方で予約を取られていない場合や、紹介状をお持ちでない方も外来日に受付時間内(11:00-14:30)に来院されれば、直接ご受診いただくことも可能です。多少お待たせしてしまうこともございますが、ご理解ください。

担当医

班目 明

お問い合わせ

TEL:03-3342-6111(代) 消化器内科外来 受付まで

Page Top