東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

お知らせ

印刷する

「3D映像によるライブ・サージェリー」
~第50回日本参加婦人科内視鏡学会~

2010.07.22

報道関係者各位

ニュースリリース

2010年7月22日

「3D映像によるライブ・サージェリー」

~第50回日本産科婦人科内視鏡学会~

 東京医科大学病院産科・婦人科(主任教授:井坂 恵一)では、7月30日(金)、第50回日本産科婦人科内視鏡学会において、最新型の手術支援ロボット「ダ・ヴィンチS」を用いて、良性子宮筋腫のライブ・サージェリーを行います。
 ダ・ヴィンチSは立体映像が極めて優れた機種で、東京医科大学病院5階手術室と京王プラザ内の学会会場を回線で結び、フルハイビジョンカメラを使用して3D映像で上演します。
 産科婦人科領域において、3D映像によるライブ・サージェリーは、日本で初めての試みとなります。

●東京医科大学病院とダヴィンチシステム

 当大学病院の心臓外科が「冠動脈バイパス術」に対する最新の手術方法として、日本ではじめてのロボット支援手術を導入したのは2005年。
 以後、当大学病院では心臓外科で28例、泌尿器科で211例、産科・婦人科においては45例、呼吸器外科で8例、消化器外科・小児外科で8例と、ロボット手術に積極的に取組んでいます。

 2008年12月「根治的前立腺全摘出術における内視鏡下手術用ロボット支援」という名称で、正式に高度医療(第3項先進医療)として厚生労働省に承認されるなど、日本におけるロボット手術は徐々に発展しつつあります。

東京医科大学病院におけるロボット手術の実績
平成22年7月20日現在
診療科名 手術開始年・月 対象疾患 症例数
心臓外科 平成17年12月 冠動脈バイパス術
僧帽弁形成術
心房中隔欠損閉鎖術
心腫瘍摘出術

17例(44例)
1例(17例)
10例( 3例)
0例( 8例)
( )内は金沢大での実績
泌尿器科 平成18年8月
平成21年7月
根治的前立腺摘除術
膀胱全摘除術
207例
4例
産科・婦人科 平成21年3月 子宮癌手術
良性子宮腫瘍手術
22例
23例
呼吸器外科・甲状腺外科 平成22年3月 縦隔腫瘍
今後肺癌を予定
8例
消化器外科・小児外科 平成22年2月
平成22年6月
大腸癌食道癌
7例
1例

●産科・婦人科でのロボット手術

 ダ・ヴィンチによる手術は、コンソールボックスで医師がモニターを見ながら装置を動かすと、その手の動きがコンピュータを通してロボットの腕に伝わり、手術を行うシステムです。
 ダ・ヴィンチシステムの利点は、①ロボットの腕は200度以上回転でき、腹腔鏡手術と比べて稼働域が格段に向上②3D画像で幹部を拡大して、毛細血管に至るまで止血しながら手術できるため、従来に比べて出血量が10cc以下(良性子宮筋腫手術で通常600cc以下と少なく、低侵襲。
 そのため、術後3日で退院が可能(腹腔鏡手術では通常10日~2週間程度)などです。

   
学 会 名 : 第50回日本産科婦人科内視鏡学会
ライブ手術日 : 平成22年7月30日(金)午前10:30~11:50分
会   場 : ■京王プラザホテル内 第50回日本産科婦人科内視鏡学会
 第一会場 コンコードボールルーム
■東京医科大学病院5階中央手術室
執   刀 : 井坂 恵一 東京医科大学病院 産科・婦人科 主任教授

本件に関するお問い合わせ先

東京医科大学病院
企画広報室

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
TEL:03-3342-6111(代) 
内線 2022、2063
FAX:03-5339-3135
URL:http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/

お問い合わせ・取材申し込みはこちら
Get ADOBE READERPDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。無料でダウンロードできます。

一覧へ戻る

Page Top