新大学病院2019年7月1日開院

新大学病院開院まで
※ただし、外来診療は7月4日から開始

お知らせ

新病院移転に伴う休診期間中(6月29日~7月3日)の面会時間のお知らせ 新病院移転に伴う休診期間中(6月29日~7月3日)の面会時間のお知らせ
Renewal Information Vol.1を発行しました。
新病院開院に伴う外来休診<6月29日(土)~7月3日(水)>のお知らせ 新病院開院に伴う外来休診<6月29日(土)~7月3日(水)>のお知らせ

ご挨拶

病院長 三木 保

2019年7月東京医科大学病院が生まれ変わります

新・年号の変わるエポックメイキングな2019年の7月1日に新東京医科大学病院が現在の病院北側青梅街道沿いに開院いたします。特定機能病院として、安心・安全で高度な医療を提供するため、診療機能の拡充と効率化を推進し、がん医療、脳卒中診療、心臓病診療、救急医療、周産期医療などを強化するとともに、自然災害時も継続して医療を提供できる地域災害拠点中核病院にいたします。地下2階地上20階の新病棟は“Neat(上品・端正・洗練)& Clean(清潔・純粋・高潔)”をコンセプトに、患者さんにとって快適な療養環境を備えた都心の大学病院としてデビューいたします。患者さんに優しさを感じていただけるホスピタル・アメニティの充実に加え、今まで以上に一人ひとりの患者さんに寄り添った医療を提供し、満足できる病院、頼れる病院を目指します。
病院の全職員、新病院では、心新たにこの素晴らしい病院で皆様をお迎えできることに夢と誇りをもっております。人生80年時代の皆様の健康管理の伴走者として必ずやご満足いただけるものと思います。皆様との新たな出会いを心よりお待ちしております。

  • 山本 謙吾副院長
  • 糸井 隆夫副院長
  • 菅野 義彦副院長
  • 清田 朝子副院長

山本 謙吾 副院長
(医療連携担当、整形外科主任教授)

本年7月、念願の新大学病院が開院いたします。
地下鉄丸の内線西新宿駅を降りるとすぐ、新大学病院のメインエントランスというとてもアクセスが良い立地です。病院内の設備やアメニティは一新され、快適な療養環境と最新医療を提供いたします。
大学病院として、地域の急性期医療を担い、診療・教育・研究の拠点となります。地域がん診療連携拠点病院、救命救急センター、地域母子周産期医療センター、連携型認知症疾患医療センター、災害拠点病院等、地域の皆さんに貢献できるよう邁進していきます。患者さんやご家族から選ばれる、受診しやすい大学病院を目指します。ぜひ皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
私は副院長として地域医療連携担当しており、患者さんおよび御家族が適切でより良い療養、社会生活を営めるよう、医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、および専門相談員が迅速に支援を行っております。多職種でのチーム医療を実践し、外来受診、入院から退院、そして退院後までを見据えた、繋がりのある医療を提供しております。
今後も、ご意見を頂戴しながら、皆様方のご要望に応えるべく努力してまいりたいと思います。いつでもお気軽にお声かけいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

糸井隆夫 副院長
(経営企画・診療担当、消化器内科主任教授)

みなさん、こんにちは。いよいよ7月1日に待ちに待った新病院がオープンいたします。地下鉄丸の内線西新宿駅の真上にある20階建の新病院は現病院より30%も広く、一見ホテルを思わせるようなモダンな外観となっております。院内は外来から病棟まで優しい照明と工夫された採光により、“癒し”の空間を造りました。患者さんのみならずご家族やお見舞いの方々にも、“訪れてみたい”病院となっております。さらに最新の設備により、これまで以上に患者さん、地域医療機関、そして社会ニーズに応え続けることができる病院となります。特に診療においてはスタッフ全員が患者さん一人一人を“家族の一員”と思って接し、懇切丁寧で安全な医療を実践していきます。そして、高度な医療を必要とする患者さんのみならず誰からも愛される病院づくりを目指していきます。
新病院でみなさまとお会いできることを心より楽しみにしております。

菅野 義彦 副院長
(危機管理・教育担当、腎臓内科主任教授)

医療安全と職員の教育を担当しています。新病院の設備は安全な医療を重視したものになっていますが、それを教職員が使いこなすためには充分な教育が必要です。新しく用意された設備はなかなか変えられませんが、患者さんが安心して医療を受けられるように非常勤医師を含めた全教職員が毎年いろいろな研修を受けています。私がこの病院に着任して6年になりましたが、周囲のスタッフが常に成長しているのを感じています。皆さんの眼や気持ちが検査や手術などの診療行為に行くのは当然ですが、一つひとつの手技や処方の裏にはスタッフの向上心とそれを陰で支える病院の安全管理と教育システムがあります。上手くいって当たり前のことを毎日何度も行うための各部署の努力には、私から見ても頭が下がりますが、それを続ける原動力は患者さんやご家族の皆さんの声です。厳しい声も励ましの声も皆さんに見えないところで私たちの力になって、よりよい医療につながると信じています。新病院で良い医療を受けたとお感じの時にはそれをほかの患者さんにも感じてもらえるよう、お気に召さないことがあった時には私たちがそれを他の方に繰り返さないように、ぜひお声がけください。

清田 朝子 副院長
(多職種連携担当、看護部長)

地下鉄西新宿の改札を出て地上を見上げると、目の前に真新しい大きな建物が目に入ります。2019年7月にオープンする、高機能で患者さんに優しい環境を整えた新病院です。
東京医科大学病院は東京都区西部医療圏にあり、高層ビルをはじめとする新しい建物と、古くから暮らしている方々が混在した地域に位置しています。高齢化が進む中、最先端の高度急性期医療を担う一方で、地域と患者さんを繋ぐ円滑な連携を実現し、地域に貢献できる病院でありたいと思っています。
「時々入院、ほぼ在宅」に向けて地域とともに取り組みます。
私たち看護職員は、患者さんの一番身近にいる専門職として患者さんの言葉に耳を傾け、ともに考えていける存在でありたいと思います。ここに通院、入院できてよかったと満足いただける看護が提供できる、そして看護職員自らも満足できる看護が私たちの目標です。
ハード面に負けないように、医療サービスのあるべき姿を見据えてケアの充実を図っていきます。

患者さんにやさしく、安心・安全で、
快適な病院を目指して

1

低侵襲かつ高度急性期医療に対応

詳細

Da Vinci Surgical System

東京医科大学病院では、国内でも手術支援ロボットを早期より導入。これまでに2,100件以上のロボット支援手術を実施 (2012.4~2018.12)。 新病院では、ロボット手術ルームを3か所設置、今以上に、低侵襲手術に取り組んでまいります。

ハイブリッド手術室

新病院では、検査装置にも注力。PET-CTを初導入。また、大幅な被ばく線量低減と高画質を両立した多目的エックス線血管撮影装置や、カテーテル等の内科的治療と外科手術による治療法とを、一つの部屋で行うことが出来るハイブリッド手術室も設置。心血管・脳血管領域で、迅速で安全な手術に活用します。

2

快適さを追求した療養スペース

詳細

「Neet & Clean」をコンセプトとした新病院棟。ベッド数は1,015床から904床に減少いたしますが、患者さんの一層のプライバシー保護と、快適な療養空間をご用意いたしました。

病棟フロア入口は、面会カードの導入により、病院関係者とカード保持者のみが立ち入り可能。セキュリティを強化することで、安心で安全な空間維持に努めてまいります。

産科病棟は全室個室になりました。大きな窓とベッド背面の間接照明、ナチュラルで明るい木目調の収納など、ゆったりと安心できる空間となっています。また、周産期フロアには、屋上庭園からの光が差し込む光庭を設置しました。自然光と開放感あふれるデイルームでは、来訪者や患者さん同士でお寛ぎいただけます。

特別病棟では、上質なホテルライクな空間を設えました。来客時には、病室のプライバシーが確保できるレイアウトとなっております。

3

ホスピタリティあふれる空間、
サービス施設の充実

詳細

1階フロアにカフェを設置。淹れたての美味しいコーヒーをご堪能いただけます。

1階と9階にコンビニエンスストアを設置。9階はフルスペックの店舗で24時間OPEN。病棟へのワゴンサービスも継続してまいります。

新病院では、患者さん・来院者用のレストランを新設いたします。厳選されたお米と丁寧に仕上げた出汁にこだわった特製茶漬けなどの和食の他、塩分制限食や洋食・中華などのメニューを提供いたします。(レストラン青山)

医療情報サロンは、患者さんやご家族の「知りたい」に応えられるよう、医療関連の書籍等をご覧いただける患者図書館です。また病院発行の制作物や、各種、医療情報冊子等も配布する予定です。

臨床講堂は、現在の320席のキャパシティから、電動可動式の段床により、360席に増大。
医療関係の学会やセミナーをはじめ、病院主催の市民公開講座を開催。また、規模に合わせて、講堂を二分割しての使用も可能となります。

概要

※画像をクリックすると拡大表示します。

延べ床面積 約98,000㎡(現行病院:約72,000㎡)
階層 地上20階地下2階
着工 2016年4月27日
竣工 2019年3月15日
開院 2019年7月1日

東京都区西部の災害拠点病院でもある当院は、免震構造となっております。
地震時には建物が最大60cm程度ゆっくりと横に移動します。

フォトギャラリー

※画像をクリックすると拡大表示します。
※画像はイメージですので、変更となる場合がございます。

?Towards the next 100 years?2019年 西新宿の地で、「東京医科大学病院」が新しく生まれ変わります 東京医科大学創立100周年事業