文字の大きさ
私たちの看護

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム(NST)では、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師など多職種で栄養状態を評価し、それぞれの専門性を生かした意見交換をもとに栄養改善のサポートを行っています。私は患者さんの摂食嚥下機能や適切な食事の形態、食事介助方法などを把握し、安全な食事の提供ができるように努めています。また、患者さんの療養生活を24時間支える病棟の看護師と、栄養サポートチームが連携を取れるような介入を心がけています。

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チームは、入院している患者さんの褥瘡の予防と治療のために、定期的に院内全体をラウンドしています。元来、看護師には患者さんを擁護する役割がありますが、チームの中で活動するうえでも、病棟のナースに提案した予防のケアが患者さんの苦痛にならないか、処置の時の体勢がつらくないかなど患者さんの側に立って医療を提供するのが私の役割です。褥瘡が治ったときに患者さんにいただく笑顔が私のエネルギー源です。

感染制御チーム(ICT)

感染制御チーム

感染対策チーム(ICT)は、病院に関わる全ての人々を感染から守るという使命があります。データや最新知見、情報をもとに院内の感染症発生動向やそのリスクを把握、制御する活動をしています。看護師は、最も患者さんと身近に関わり、ケアを通して感染を予防することができる重要な存在ですが、同時に医師や医療に関わる多職種との連携の要でもあります。ICTにおいて、看護の視点を持って組織横断的に感染管理を行うのが感染管理認定看護師の役割です。

呼吸サポートチーム(RST)

呼吸サポートチーム

呼吸サポートチーム(RST)は、人工呼吸器を装着している患者さんに対し、医師・看護師・理学療法士・臨床工学技士と協力し、人工呼吸器の早期離脱を目指し、より良い呼吸ケアを提供できるよう活動しています。患者さんの状態は日々変化し、抱えている看護上の問題も様々ですが、多職種が集まることにより、様々な視点で患者さんを捉え、問題の解決へ向けてケアを考えて行くことができ、チームの大切さを日々実感しています。

東京DMAT

大規模災害発生時に自治体の要請を受け、災害現場で医療支援を行うのが「DMAT」です。当院では東京都の研修をクリアしたER経験をもつ医師や看護師、 事務官がDMAT登録者として出動要請に対応しています。厳しい災害現場のなかにおいても、しっかりとナーシング・マインドを発揮しています。

医療安全管理室

安全管理室

安全管理室は、患者さんが安心して医療を受けるために必要な業務を担っています。「医療の質の向上」を目指し、必要なマニュアルの整備やシステムの構築、さらに職員研修を通じた医療安全に関する考え方の共有を図ることも大切な役割です。高度な医療が快適で安全な環境のなかで行われ、患者さんに高い満足を得ていただくことが第一の目的です。

総合相談・支援センター

総合相談・支援センター

当院を利用される患者さんとそのご家族が、入院から退院後の療養生活を安心して送ることができるよう支援しています。
「在宅医療支援」「医療福祉相談」「医療連携」「患者相談窓口」の4つの部門から構成される当センターでは、医師、保健師、医療ソーシャルワーカー、事務職員が業務に携わっています。保健師の業務は主に、在宅療養支援と、退院支援・調整ですが、必要に応じて訪問看護も行っています。センターの業務としてはこの他に、がん患者さんに対する緩和ケア、経済的な心配事や日常の生活についての相談に応じる「がん相談」、地域の病院や診療所から紹介された患者さんが円滑に診療科を受診できるよう支援する「医療連携」、セカンドオピニオン業務などがあります。多職種のスタッフが協力しあいながら相談・支援の充実を図り、患者さん中心の医療・看護の実現に向けて、サービスの質の向上に取り組んでいます。