文字の大きさ
病棟・部門紹介
病棟・部門紹介一覧へ

消化器内科病棟

検査への患者移送

病棟・部門の特徴

 消化器がんや、消化器疾患の急性期(劇症肝炎・急性膵炎・消化管出血など)から慢性期(肝硬変・潰瘍性大腸炎など)まで、あらゆる疾患の患者さんが入院しており、主な治療は、内視鏡に関連したドレナージや砕石術、消化管の早期がんに対するESDや、肝臓がんに対するTAE,RFAなどが代表的です。緊急を要する処置の対応が求められることも多く、他職種と密な連携を行っています。

 

身につけられる看護

高度な専門的治療を受ける患者さんへの身体的・精神的看護が身に付きます。また、慢性期疾患や末期がん患者さんへの関わりでは、チーム医療の実際から患者・家族に寄り添う看護を身につけることができます。