文字の大きさ
病棟・部門紹介
病棟・部門紹介一覧へ

心臓血管外科、循環器内科病棟

集中治療部からの帰室後の看護

病棟・部門の特徴

心臓血管疾患は高血圧、糖尿病、腎疾患などの合併症(一時的ではなく一生抱える)を併発している場合が多く、特に血管疾患(閉塞性動脈症、バージャー病など)は再発の可能性が高く、看護師による退院後の日常生活指導は重要です。

身につけられる看護

◎心臓血管疾患(胸・腹部大動脈瘤、大動脈解離、狭心症、心筋梗塞、弁膜症など)の周術期看護、退院を含めた看護
◎集中治療部から一般病棟への引継ぎ、病棟帰室後の観察や看護の実際
◎特殊機器、ライン類の管理