文字の大きさ
病棟・部門紹介
病棟・部門紹介一覧へ

中央手術部

直接介助

手術部の看護

新生児から高齢の方まで幅広い年齢層の方の手術が、年間平均6000件行われます。看護師は、手術支援ロボット(ダヴィンチ)を始めとする最先端技術の手術や様々な術式に対応しています。術中の患者さんのニーズを捉え、手術がスムーズに進行できるよう、常に五感を働かせた看護を展開しています。近年、患者のニーズに伴い内視鏡的手術が増加傾向にあります。安全で安心な手術を提供するため医師や他職種と密に連携しており、看護師は日々勉強に励んでいます。

あらゆる手術において、患者さんに何が必要か、どんな看護を実践すれば患者さんがよりよい状態で無事手術が終了できるか想像力を働かせ、考えて実施する手術室看護を身につけることができます。