文字の大きさ
病棟・部門紹介
病棟・部門紹介一覧へ

眼科、糖尿病・代謝・内分泌内科病棟

診察介助

病棟・部門の特徴

眼科病棟には、白内障・緑内障・ぶどう膜炎・網膜剥離・視神経炎・腫瘍などの疾患をもつ患者さまが入院されています。
手術や薬物療法などを中心に治療が行われ、在院日数が短いのが特徴です。
また、糖尿病の患者さんには糖尿病療養指導士を中心に患者さんやご家族の方に生活指導を含めた教育を行っています。

身につけられる看護

 視覚的・機能的障害を持ちながら日常生活を過ごしている患者さまに対して、適切な誘導方法や介助方法の基本や安全・安心を最も考慮した周術期看護が身に付きます。
また糖尿病疾患の理解や最前線の治療を理解しながら、正しい知識が身に着けられ自己管理が必要なな患者さまに対して指導的役割を発揮できます