文字の大きさ
教育制度

1年目の教育プログラム

集合教育と現場教育から構成され、それらの相乗効果により「新人看護師の自律」をしっかりサポートしていきます。

新人看護師サポート体制

現場教育

最初は、看護師に付いて見学から始めます。
一日の仕事の流れや、患者さんとのコミュニケーションを無理なく学んでいきます。

    到達目標 日勤 夜勤
4月 職場適応
  1. 社会人としての自覚を持つ事ができる
  2. 病院および看護部の概要を知り、組織の一員としての心構えを持つ
  3. 配属部署の雰囲気に慣れる事ができる
  4. 1日の業務の流れを理解できる
  5. 自分の体調管理ができる
  6. 報告・連絡・相談の必要性を理解し、実施できる
  7. 専門職業人として、継続教育の必要性が理解できる
シャドーイング①
(2回以上)
初期フォロー
 
シャドーイング①
5月
6月
初期フォロー
7月 看護実践能力の育成
  1. 指導を受けながら、安全な看護を実施できる
  2. 報告・連絡・相談を通して、スタッフ間で協働することの重要性が理解できる
  3. 優先度を考慮した行動がとれる
  4. 患者の状況に応じたコミュニケーションがとれる
  5. 自己学習を通して、自己研鑽に努める
中期フォロー
シャドーイング②
中期フォロー
8月
9月
10月 看護実践能力の強化

 

  1. 根拠を考えながら、安全・安心な看護実践ができる
  2. チームの一員として、自己の役割と責任を果たすことができる
  3. 患者・家族と信頼関係を築くためのコミュニケーションがとれる
  4. 指導者とともに自分の学習課題を見つけ、課題達成に向けた行動がとれる
  5. アソシエイトナースとして患者の個別性に沿った看護課程を展開できる
後期フォロー
1段階
後期フォロー
1段階
11月 2段階
12月
2段階
1月 自律に向けての準備
  1. 継続的な看護技術の修得および研鑽に努める
  2. 自己の課題を明確にし、次年度の目標を立てることができる
  3. 生命倫理について考えることができる
  4. プライマリーナースの役割を理解することができる
3段階
2月
3段階
3月

集合教育

日々の看護に還元できる知識・技術を習得します。
また、年4回開催される「フォローアップ研修」ではそれぞれの思いや悩みを共有し、学んでいきます。
ここで学んだことが、次の臨床現場に活かされます。

 

【オリエンテーション】
ここが、仲間づくりの第一歩です

 

【フォローアップ①(宿泊研修)】
研修を漢字1文字で表します

  フォローアップ
【フォローアップ②(振り返り)】
発表を通して、理解を深めます
  【急変時の看護】
ていねいな指導で、技術を習得

看護技術学習サイト「ナーシング・スキル日本版」

ナーシングスキル日本語版

病棟では新人看護師に対して、知識や技術が向上できるようレベルⅡの看護師がそれぞれのキャリアに応じた指導の役割を担い、「みんなで新人看護師をサポート しよう」という意識を共有しています。また、技術指導ではOJT(On the Job Training)のほか、看護手順の確認が行える"看護技術学習サイト「ナーシング・スキル日本版」"を導入するなど、さまざまなシステム環境を整えて います。こうした取り組みによって、のびのび働ける環境を提供しています。

ネームストラップ

新人看護師の黄色いネームストラップ

黄色のストラップは新人の印。スタッフもこれを見ると、「頑張って!」と心で応援し、困っている時はやさしく手助けしてくれます。