東京医科大学病院 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL

文字サイズ

03-3342-6111(代表)

交通アクセス

03-3342-6111(代表)

臨床研究の情報公開文書

診療記録や残余検体を用いた臨床研究に関する情報公開

現在、下記の表にあるような過去に当院で診療を受けていただいた患者さんのデータを利用した臨床研究(レトロスペクティブ研究)を計画しております。本臨床研究では、患者さんの名前や個人を特定できるようなデータが公表されることはありません。何かご不明な点がございましたら、担当医にお尋ね下さい。これらの研究計画は「東京医科大学医学倫理委員会」で既に承認され、学長の許可を得ています。

血液内科

承認年月日 研究課題 担当者 承認番号
2020年4月24日 ALK陽性未分化大細胞型リンパ腫におけるTP53欠失が与える臨床的影響(213KB PDF) 片桐 誠一朗 T2019
-0070
2020年4月15日 本態性血小板血症でアナグレリドが投与された症例の後方視的検討(194KB PDF) 赤羽 大悟 T2020
-0014
2020年4月15日 慢性骨髄性白血病患者患者を対象としたチロシンキナーゼ阻害剤が与える影響の調査(440KB PDF) 片桐 誠一朗 T2020
-0013
2020年3月31日 東京医科大学病院における造血細胞移植成績に関する研究(246KB PDF) 後藤 守孝 T2019
-0253
2020年3月19日 成人フィラデルフィア染色体陰性precursor B細胞性急性リンパ性白血病に対する多剤併用化学療法による第Ⅱ相臨床試験(JALSG Ph(-)B-ALL213)登録症例を対象とした観察研究(569KB PDF) 片桐 誠一朗 T2019
-0237
2020年1月6日 「前向き観察研究に登録された骨髄異形成症候群における、同種移植までの橋渡し治療と移植成績の検討」JALSG AML/MDS/CMML Clinical Observational Study (JALSG-CS)-11-MDS-SCT-(440KB PDF) 伊藤 良和 T2019
-0136
2019年10月24日 血液疾患登録(145KB PDF) 伊藤 良和 SH855
2019年9月9日 ALK陽性未分化大細胞型リンパ腫におけるTP53欠失が与える臨床的影響(391KB) 片桐 誠一朗 T2019
-0070
2017年08月07日 JALSG参加施設において新規に発症した全AML、全MDS、全CMML症例に対して施行された治療方法と患者側因子が5年生存率に及ぼす影響を検討する観察研究(前向き臨床観察研究)
JALSG AML/MDS/CMML Clinical Observational Study(JALSG-CS)-17(140KB)
伊藤 良和 3796

※各研究課題の詳細は、PDF形式でご覧になれます。

Page Top