胃がんの生存率

印刷用PDF

胃がんの生存率は5年生存率で表わします。他のがんと同様ですが、全身状態等によって条件は変わります。おおよその目安です。
5年生存率とは、診断から5年経過後に生存している患者さんの比率です。
・ステージⅠ期:約90%
・ステージⅡ期:約70%
・ステージⅢA期:約50%
・ステージⅢB~ⅢC期:約30%
・ステージⅣ期:約10%

最終更新日:2020年3月23日