胃がんの治療を決める因子

印刷用PDF

胃がんの治療をするにあたり、がんの進行度(病期、ステージ)を評価します。その進行度に合わせて治療方針を決定します。しかし、患者さんの年齢や体力なども考慮し、治療を決定します。
 

1

組織型

一般型と特殊型に分類されます。一般型は分化型、未分化型に分類され、さらに細分化されます。組織型によってがんの拡がりに特徴があります。早期分化型癌では内視鏡的な治療の適応になる場合があります。

一般型 分化型癌 乳頭腺癌、管状腺癌
未分化癌 低分化腺癌、印環細胞癌、粘液癌
特殊型 カルチノイド腫瘍、内分泌細胞癌、腺扁平上皮癌、扁平上皮癌など
2

胃がんの病期

胃がんの治療を決定するために、まず進行度(病期、ステージ)の評価をします。病期はT因子(がんの深さ)、N因子(リンパ節転移の個数)、M因子(遠隔転移)の3項目で評価します。それらの組み合わせで病期を分類します。

① T因子

T1 癌の局在が粘膜(M)または粘膜下組織(SM)にとどまる
T2 癌の浸潤が粘膜下組織を超えているが、固有筋層にとどまるもの(MP)
T3 癌の浸潤が固有筋層を超えているが、漿膜下組織にとどまるもの(SS)
T4 癌の浸潤が漿膜表面に接しているかまたは露出、あるいは他臓器に及ぶもの
T4a 癌の浸潤が漿膜表面に接しているか、またはこれを破って遊離腹腔に露出しているもの(SE)
T4b 癌の浸潤が直接他臓器まで及ぶもの(SI)

※早期胃がんはT1のことを意味します。

② N因子

N0 領域リンパ節に転移を認めない
N1 領域リンパ節に1~2個の転移を認める
N2 領域リンパ節に3~6個転移を認める
N3 領域リンパ節に7個以上転移を認める
N3a 7~15個の転移を認める
N3b 16個以上の転移を認める

③ M因子

M0 遠隔転移がない
M1 遠隔転移がある
3

胃がんの病期分類

N0 N1 N2 N3a N3b T/Nにかかわらず
M1
T1a (M),T1b (SM) IA IB ⅡA ⅡB ⅢB IV
T2(MP) IB ⅡA ⅡB ⅢA ⅢB
T3 (SS) ⅡA ⅡB ⅢA ⅢB ⅢC
T4a (SE) ⅡB ⅢA ⅢA ⅢB ⅢC
T4 (SI) ⅢA ⅢB ⅢB ⅢC ⅢC
T/Nにかかわらず
M1

病期ⅠAが内視鏡治療の可能性があります。
病期ⅡもしくはⅢは術後補助療法の適応になります。
後述の胃がんの治療を参照してください。

最終更新日:2020年3月23日