肉腫の検査と診断

印刷用PDF
1

血液検査

血液検査で異常を呈するのは、骨肉腫でアルカリフォスファターゼが高値になること、ユーイング肉腫でLDHが高値を呈したり炎症反応が時に見られたりすることがあります。これ以外では一般的に血液検査で異常所見がみられる頻度は高くありません。

2

画像検査

骨腫瘍では、単純X線像が重要です。骨の表面の骨皮質の破壊像や、骨が溶けているのか作られているのかの違い、辺縁が明瞭なのか不明瞭なのかの所見、腫瘍の浸潤に対応して骨の表面に新たに骨が作られている像(骨膜反応)等の所見が重要です。これらを評価することによりしばしば組織型まで推測することができます。
CT像も重要で、単純X線写真で評価できない微小な変化を見つけられることがあります。
MRI所見では、手術時に切除範囲を決めるために多く用いられます。また病変の性状も評価され、例えば化学療法後、組織が硬い肉腫では、細胞が壊死に陥っていても縮小しないことがありますが、MRIで輝度が変化して効果が分かることがあります。骨シンチ、PET検査は転移の検出に用いられます。
画像検査で必ずしも組織型を推測するまでの所見を得られるとは言えませんが、疾患によっては組織型が推測できることもあります。

3

組織検査

最終診断は生検による病理組織検査により確定されます。生検法には、針生検と切開生検があります。摘出して診断を確定するという切除生検という方法もありますが、切除してから高悪性度の肉腫であると診断されると、追加して大きく切除する必要が生じる等のリスクがありますので、当院ではあまり行いません。
適切な治療は正しい診断により行われますが、肉腫の病理組織診断は時に難しいことがあるため、当院では病理医と相談のうえ、診断難渋例はアメリカのMayo Clinicに画像と病理標本を送り、セカンドオピニオンを得ています。これにより診断精度を向上させて、より適切な治療を実施しています。また、滑膜肉腫等の腫瘍では、腫瘍特異的な融合遺伝子異常が報告されていますので、PCR法、FISH法等の検査を行っております。

骨針生検の実際

骨内に針を刺入して組織を採取
骨内に針を刺入して組織を採取

軟部組織針生検の方法

針の一部に窪みがあり、その部位で組織を採取
4

肉腫の治療を決める因子

肉腫の治療は、組織型により化学療法あるいは放射線療法の効果が期待できるか、悪性度はどの程度か等により決定されます。手術法は年齢も考慮されます。特に小児や思春期から若い成人の患者さんでは、将来の発育、長期的な影響も考慮し治療法が選択されます。

最終更新日:2020年11月10日