肺がんの病期

印刷用PDF

治療方法を決定するのに必要なのが病期(ステージ)で、がんの大きさ、他の臓器まで広がっていないかなどを調べます。
病期の評価にはTMN分類と呼ばれる分類法を使用します。がんの大きさと周囲組織との関係(T因子)、リンパ節転移の程度(N因子)、遠隔転移(M因子)の3つの因子で決めます。

Tis 上皮内がん、肺野に腫瘍がある場合は充実成分の大きさが0cmかつ病変の大きさが3cm以下
T1 充実成分の大きさが3cm以下、かつ肺または臓側胸膜におおわれ、葉気管支より中枢への浸潤が気管支鏡上認められない(すなわち主気管支に及んでいない)
T1mi 微少浸潤性腺がんで充実成分の大きさが0.5cm以下、かつ病変の大きさが3cm以下
T1a 充実成分の大きさが1cm以下で、TisやT1miには相当しない
T1b 充実成分の大きさが1cmを超え2cm以下
T1c 充実成分の大きさが2cmを超え3cm以下
T2 充実成分の大きさが3cmを超え5cm以下
または、充実成分の大きさが3cm以下でも以下のいずれかであるもの
・主気管支に及ぶが気管分岐部には及ばない
・臓側胸膜に浸潤がある
・肺門まで連続する部分的または片側全体の無気肺か閉塞性肺炎がある
T2a 充実成分の大きさが3cmを超え4cm以下
T2b 充実成分の大きさが4cmを超え5cm以下
T3 充実成分の大きさが5cmを超え7cm以下
または、充実成分の大きさが5cm以下でも以下のいずれかであるもの
・臓側胸膜、胸壁、横隔神経、心膜のいずれかに直接浸潤がある
・同一の肺葉内で離れたところに腫瘍がある
T4 充実成分の大きさが7cmを超える
または、大きさを問わず横隔膜、縦隔、心臓、大血管、気管、反回神経、食道、椎体、気管分岐部への浸潤がある
または、同側の異なった肺葉内で離れたところに腫瘍がある
N0 所属リンパ節への転移がない
N1 同側の気管支周囲かつ/または同側肺門、肺内リンパ節への転移で原発腫瘍の直接浸潤を含める
N2 同側縦隔かつ/または気管分岐下リンパ節への転移がある
N3 対側縦隔、対側肺門、同側あるいは対側の鎖骨の上あたりにあるリンパ節への転移がある
M1a 対側肺内の離れたところに腫瘍がある、胸膜または心膜への転移、悪性胸水がある、悪性心嚢水(しんのうすい)がある
M1b 肺以外の一臓器への単発遠隔転移がある
M1c 肺以外の一臓器または多臓器への多発遠隔転移がある

※日本肺癌学会編「臨床・病理 肺癌取扱い規約 2017年1月(第8版)」(金原出版株式会社)より作成

非小細胞肺がんの病期(ステージ)

Ⅰ期がんが肺の中にとどまっており、リンパ節への転移はない

充実成分の大きさが3cm以下

充実成分の大きさが3~4cm以下

Ⅱ期がんの原発巣と同じ側の肺内リンパ節に転移している

充実成分の大きさが3cm以下

がんの原発巣と同側の肺内リンパ節転移がある。
あるいは充実成分が5cm~7cm以下、
腫瘍が周りの組織に浸潤している。

Ⅲ期肺を超えて周囲の組織や臓器にまで広がっている
肺内リンパ節、縦隔リンパ節、首のつけ根のリンパ節に転移している

がんの原発巣と同じ側の縦隔リンパ節に転移している。肺の周りの組織(胸壁、横隔膜)に広がり、肺内リンパ節に転移している。

がんの原発巣と反対側の縦隔リンパ節や肺内リンパ節、肺や首のつけ根のリンパ節にまで転移している。肺の周りの心臓や、食道、気管などにも広がっている。

Ⅳ期肺のさまざまな場所に転移している。脳や骨、肝臓などに遠隔転移している。胸水にがん細胞がみられる。

小細胞肺がんでは、上記病期分類のほかに限局型と進展型による分類も用いて治療法を決定します。

小細胞肺がんの病期分類

限局型 ・病巣が片側肺に限局している
・反対側の縦隔および鎖骨上窩(じょうか)リンパ節までに限られている
・悪性胸水および心嚢水がみられない
進展型 ・他臓器転移など「限局型」の範囲を超えてがんが進んでいる

最終更新日:2018年12月28日