大腸がんの検査と診断

印刷用PDF

大腸がんが疑われた場合には、下部消化管内視鏡(大腸カメラ/ファイバー)検査を行い、組織の一部を採取し顕微鏡で確認することで、診断を確定することができます。
大腸がんは、血液やリンパ液の流れにより転移を生じることが知られているため、必要に応じてCT検査やMRI検査などで画像診断を行います。

最終更新日:2021年1月22日