熱中症に関するお知らせ


熱中症に対する注意とその予防について

最近多い熱中症について

 熱中症というと、外で激しいスポーツや労働をする人に多いと思われがちですが、家の中でも起こります。
 特に高齢者の場合には、体温調節機構が低下しているので、家の中で汗をかけずに熱が体にたまり、急に体温が上がってくるといった発症形態が多いです。
 

熱中症の症状とは?

 汗をかいているうちにめまいがしてきたり、ふらついたり、筋肉痛、頭痛等が起こり、だんだんボーっとしてきます。そして、重症になると意識を失い非常に危険な状態に陥ります。

① 大量の発汗・めまい・ふらつき・筋肉痛
② 頭痛・嘔吐・倦怠感・集中力や判断力低下・意識が朦朧となる
③ 意識障害
 

熱中症が起きやすくなるのはどんなとき?

 熱中症は気温だけではなく、湿度や反射する熱・気流の影響を受けます。
 高温で多湿の状況で起きやすいといえます。
 

熱中症にならないための日常の工夫や対策

 まずは、日頃から体力をつけ、栄養をとることが大切です。
 汗をかいたら、こまめに水分を摂りましょう。
 汗を多くかくと、塩分も少し一緒に補給することが大事です。

 水と梅干し・経口補水液・スポーツドリンク等で水分補給をしましょう。
 適度な水分摂取を心がけ、摂りすぎには注意しましょう。
  ※スポーツドリンクは電解質を補うのに適していますが、糖分も多いので
   糖尿病の方はご注意ください。
  ※心臓病や高血圧の方は、塩分の摂取量にご注意ください。

 部屋の温度が28℃以上・湿度70%以上になるような場合はエアコンを入れ、室温の調節をしましょう。また、それだけではなく、扇風機を使って気流で気温を下げましょう。霧吹きで体の表面を湿らせ、扇風機の風に当たると体温は下がります。夕方に(高温ではない)シャワーを浴びても効果があります。
 

熱中症かな…と思ったら

 まずは、水分の補給。そして、上がった体温を下げる必要があります。
首や脇の下・足の付け根には、表面近くに血流の多い大きな血管が通っているので、ここに氷を入れたビニール袋等の冷たいものを当てて冷やしましょう。体温を下げるのに有効な方法です。
 また、身体に水をかけて扇風機の風を当てる・うちわ等で扇ぐなどして、その気化熱を利用し、体温を下げるようにしましょう。
 

症状が重いと感じたら…

  ・無理をせずに、かかりつけの医師に相談しましょう。

  ・病院にいくか迷うような場合は、

東京消防庁 救急相談センター ♯7119

   を利用してください。
   ( 24時間年中無休 )
   ( 携帯電話、PHS、プッシュ回線で利用できます。)
   ( ダイヤル回線からは…東京23区 03-3212-2323 多摩地区 042-521-2323 )


 東京都以外にお住まい方は、お住まいの地域の役所や消防署のホームページ等で、 救急相談窓口の連絡先、電話番号やサポート内容を調べておくことをおすすめいたします。



 熱中症は子どもとご高齢の方に多いので、高温多湿になる時期は、ご家族やご近所同士で普段より少し注意をすることを心がけましょう。早めの発見と対応が大切です。

 熱中症は原因、治療法、予防法がわかっています。十分に注意をすれば確実に予防できる病気といえます。予防および早期発見をしていただきたいと思います。