歯科医師臨床研修

特長

高齢化社会を迎え、全身疾患を有する歯科患者が増えている現在、全身状態を把握することが必須であるにもかかわらず、そうした視点が歯学部卒前教育には決定的に欠けています。当院研修センターでは、「口腔を通して全身を見ることのできる歯科医師」の養成をめざしています。
初期臨床研修では、口腔を通して全身を見通せる力を有する歯科医師を養成するための生涯研修の第一歩と位置付け、一般歯科治療および口腔外科の基本的な知識・技術の修得を目的としています。
 

特長  特長

 

後期臨床研修では、歯科医師初期臨床研修で得た基本的な知識、技術から一歩進め、放射線科、救命救急センター、麻酔科などでより高度な研修が経験できます。将来、口腔外科専修医や専門医をめざせます。