「理想の木」について

"すばらしい医師"ってなんだろう?

あなたは、どんな医師になりたいですか?
患者の立場だったらどんな医師に診てもらいたいですか?
医療現場の主人公は、あくまでも患者さんお一人ひとり。その患者さんや他の医療従事者から“すばらしい医師”と評される存在、それはひとつの理想のかたちです。

“すばらしい医師”になるために、大切な要素は何だと思いますか?
当院の医療現場で活躍する研修医に、自由に答えてもらいました。

“すばらしい医師”になるために、大切な要素は何だと思いますか?当院の医療現場で活躍する研修医に、自由に答えてもらいました。

1人3つまでのフリーアンサー 当医院の研修医35名(2010年6月 当医院調べ)

“すばらしい医師”になるために大切な要素は何か——その答えは様々であり、正解はありません。
しかし、ひとつ言えるのは、医療人としてはもちろん、一人の社会人として成長することが、理想とする医師像への近道であるということ。当院では多くの研修医や指導医たちが、自らが考える“すばらしい医師”を目指し、医療現場で日々研鑽を積んでいます。

東京医科大学病院 卒後臨床研修センターは、“すばらしい医師”を育む土壌を目指しています。

魅力溢れる『理想の木』には鳥や虫、小動物などが集まり、良好な関係を築いていくことでしょう。
“すばらしい医師”になるために夢や目標を抱いた医師たち ― それが『理想の木』。
東京医科大学病院 卒後臨床研修センターは、そんな『理想の木』を下から支え、育む、豊かな土壌であり続けることを目指しています。

当センターの魅力を知るための3つの特長