ここが違う! 当センターの魅力を知るための3つの特長

1「チーム東京医大」で支える指導体制。

1「チーム東京医大」で支える指導体制。

卒後臨床研修センターでは、センターの教員・職員(センター長、副センター長、専任教員)を中心に、指導医、看護師、コメディカルなどときめ細かく連携した「チーム指導体制」をとっています。全職員が一丸となって、医療の現場や日常生活でさまざまな課題に直面する研修医を支え、一人ひとりの成長をフォローアップしていきます。

1「チーム東京医大」で支える指導体制。

2「プライマリ・ケアからロボット医療」まで、充実の研修プログラム。

東京医科大学病院は昔から地域のかかりつけ病院として存在し、研修医によるウォークイン患者への外来研修を行い、コモンディジーズの患者に対する面接技法や身体診察等の初期診療能力の向上に力を入れており、プライマリ・ケアには定評があります。 また、研修医の特長のひとつであるプライマリ・ケアの修得とともに、手術支援ロボット(ダヴィンチ/daVinci)をはじめとした大学病院ならではの先進医療を経験します。数多くの症例をとおして基本的な臨床実務能力を高めることができ、研修に必要な到達目標の達成が目指せます。

2「プライマリ・ケアからロボット医療」まで、充実の研修プログラム。
2「プライマリ・ケアからロボット医療」まで、充実の研修プログラム。

初期臨床研修医 2年間スケジュール要旨(イメージ)

初期臨床研修医 2年間スケジュール要旨(イメージ)

3「クリニカル・シミュレーション・ラボ」での、実践的な臨床トレーニング

3「クリニカル・シミュレーション・ラボ」での、実践的な臨床トレーニング

卒後臨床研修センターでは、基本的な臨床技能をoff the jobトレーニングできるクリニカル・シミュレーション・ラボをいち早く設置。専任教師による指導により医療安全への意識を高めながら、医師、看護師、コメディカルなどと連携してあたる「チーム医療」を、さまざまな症例で演習します。また、上級生が下級生を教える「屋根瓦方式」でお互いに刺激し合うことで、医療に不可欠なコミュニケーション力や指導力を高めていきます。

1「チーム東京医大」で支える指導体制。