センター紹介

基本理念と行動指針

卒後臨床研修センターは、研修生活をあらゆる面からサポート。
例えば、個人的な悩みから研修医の要望に応じて各診療科にアプローチを行うなど、効率的かつ円滑な研修を支援します。

基本理念

当院卒後臨床研修センターでは、以下の事柄を基本理念として掲げています。

医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学および医療の果たすべき社会的ニーズを認識しつつ、日常診療において頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身につけることのできる医師を養成する。

行動指針

当院研修センターの初期研修医には、行動指針として“研修医心得”を策定し、自ら考え行動することを求めています。

■研修医心得

1. 人間性

医の倫理に則った医道実践を旨とし、かつ一社会人としての人間性を身につける。特に患者や家族に対し、理解とやさしい心をもって接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るようにしなければならない。

2. 協力・協調

チームワーク医療をよく理解し、他の職種との協力・協調に努め、ルールにしたがって行動しなければならない。

3. 診療

診療は細心の注意をはらって合理的かつ計画的に的確に措置するとともに、責任をもってその診療についての事務的処理を行わなければならない。

4. 勉学

校是である「自主自学」を旨とし、カンファランス・研究会などにすすんで参加し、発言・発表に努めなければならない。

5. 信頼

言動・態度・身だしなみが、他人の信頼を受ける基本であることと十分自覚しなければならない。

6. 時間

就業時間を厳守するとともに、約束時間を守ることに努め、就業中は所在を明らかにしなければならない。また、就業時間外であっても必要に応じて適切に対応しなければならない。

7. 報告

診療に当たって不測の事故が発生した場合、またはその発生が想定される場合は、すみやかに指導医、医局長、診療科長およびリスクマネージャーにその旨を報告しなければならない。

8. 評価

ローテーション毎に、研修医は自己評価および研修評価について、研修記録に記載の上EPOCに入力し、レポートを提出しなければならない。